LinkedInと転職エージェントは一緒に使えるって知ってました? 5回転職した私のおすすめ3社はコチラ

外資ITでのキャリアアップの助けになる「人脈」、株式会社 外資ITというネットワーク

ここがポイント!
1. 外資ITで得られる人脈ネットワークは国内もあるし、海外でも広がる!
2. あたり前だけど、去る鳥後を濁さずは絶対!

外資ITで働くほとんどの人が「転職前提」で仕事をしていることはすでにさまざまな記事でお話している通りです。また、外資ITでの転職は「株式会社 外資ITの部署移動」と表現されるほど、外資ITそのものが狭い世界で、会社をまたいだ横のつながりが強い世界です。もちろん、外資ITで働く全員が全員強い繋がりで繋がっていると言うわけではなく、一度一緒に仕事をすると、誰が、いつ、どこへ転職しても常に仲間として繋がりを持ち続けることができるようになる、ということです。

転職前提で働いている仲間たちは、それぞれ別の会社に転職していくことがほとんどですので、自分を中心として見た時のこの株式会社 外資ITのネットワークはどんどん広がっていきます。また、一部本社や他国のメンバーと仕事をするようなポジションでは、株式会社外資ITのネットワークに加え、グローバルIT Inc.(本社側)のネットワークもどんどん広がっていきます。

今回は外資ITで得られるこれらの「人脈」の価値ついてご紹介をさせていただきます。今後のキャリアプラン・キャリアパス検討で外資ITを検討する参考にしていただけましたら幸いです。

目次

株式会社 外資ITのネットワーク

転職前提で働いている仲間たちは、長くても3-4年でそれぞれ別の会社に転職していくことがほとんどのため、この株式会社 外資ITのネットワークはどんどん広がっていき、色々な外資ITの裏事情に詳しくなれます。

この裏事情とはゴシップ的なネタはももちろん、求人の出ているポジションについての裏事情も知ることができるようになります。加えて、外資ITではリファラルプログラムと言われる社員が企業側に知り合いを紹介して、その知り合いが入社したらボーナスがもらえるプログラムがあります。これまで4社の外資ITで見てきたこのボーナスの金額はひとり紹介+入社するにあたり20万円-50万円ほどです。紹介する人のポジションのレベルにもよりますが、大体この金額はばに入ってます。

このプログラムがあるため、長年外資ITで仕事をしてネットワークを広げていくと、数ヶ月に一度は空いているポジションに興味がないか、昔の仲間から連絡がきます。このリファラルでの転職は日本国内でも増えてきているようで、MyReferが1000名を対象に実施した「コロナ禍での転職意向調査」では「転職先の決め方」として転職エージェントを利用した転職より今や多いそうです。

さらに株式会社 外資ITネットワークの面白いところは、優秀な営業の仲間がどんどん外資ITスタートアップの日本支社長になっていくという点です。多くの外資ITは「雇用機会の平等」を宣言しているので、たまたまかもしれないですが、なかなかの高待遇で過去の仲間が社長に引き抜かれているのは事実です。

グローバルIT Inc. (本社側)とのネットワーク

株式会社 外資ITのネットワークに加え、本社とのやりとりのある一部のポジションでは本社側とのネットワークもできます。世界のIT業界は日本以上に人材獲得競争が激しいため、それほど有名ではない企業でも日本に進出してくるレベルであれば、豊富な資金源を武器に、ハーバードやスタンフォード、MITなど文字通り世界TOPクラスの大学出身者やMBAホルダーを大量に採用しており、文字通り超優秀な人たちがごろごろいます。

彼らは超優秀であることは間違いないのですが、日本のマーケットの知見はないため、こちらの学歴によらず、頼りにしてくれます。そこでしっかりと期待に答え、彼らの成果に協力をすると、ある日彼らは超大手の上級ポジションで転職したりします。その後はご想像の通り、日本の重要ポジションに高待遇で彼らのネットワークのひとりが採用されます。

転職情報サイトでは「外資系」をひとくくりにして、あたかも「英語は必須要件」であるような書き方をされていますが、外資ITに限って言えば、これは事実ではありません。英語が必要となるのは一部の職種と本社とやりとりが発生するような上級ポジションです。このため、外資ITへ転職するために英語は必須ではありません。
しかし、このグローバルIT Inc. のネットワークの事例のようなこともあるので、英語力があると世界が広がることは事実です。このため、「外資ITへの転職」と「英語の勉強」に順番をつけるとすれば、まずは転職してから転職先で英語を勉強するのがベストです。なぜならば、多くの外資ITでは英語学習の補助金や自社で独自の英語クラスを開いている企業が多いからです。気になる方は、外資ITの福利厚生の記事をご覧ください。

だからこそ、「去る鳥後を濁さず」が超重要

ご紹介したように、外資ITでのネットワークは一生の宝と言えるほどの「人脈」になります。転職すると言うことは、ある会社を離れることを意味しますが、このネットワークを去ることではありません。外資ITの世界は本当に狭いので、一度出会った仲間には必ず会うことになりますし、困ったことがあった際は助けてくれる貴重な仲間です。

「去る鳥後を濁さず」とはよく言われますが、こと外資ITの世界では去る会社のためではなく、仲間のために後を濁してはいけません。

今回は国内に加えグローバルでのネットワークの話を交えた外資ITの「人脈」の話をさせていただきました。個人で独自のネットワークを築かれている方も多いかと思いますが、こちらも参考にしていただき、キャリアプランの候補として、外資ITを検討してもらえたら幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは外資ITの組織や良いところやキャリアに関わる裏事情、転職、採用、年収などさまざまな情報をご紹介してます。今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次
閉じる