LinkedInと転職エージェントは一緒に使えるって知ってました? 5回転職した私のおすすめ3社はコチラ

失敗したくない!外資転職における「会社の選び方」のヒント

ここがポイント!
1. 「何を選んでも後悔するのであれば、どれが一番ましか?」で考える!
2. 初めての外資ITでおすすめな規模は数百人規模!
3. 1900年代から日本に根付いている外資ITは日系ITに似ているところがある!
4. 有名企業よりも小規模企業の方が給料が高いケースもある!
5. 知名度が低い会社からでも有名企業に転職できる!

転職において「会社選び」は非常に重要です。私が日系から外資ITに転職した時は、どうしても給料のために外資に行きたかったので、手当たり次第応募して結果的に(たまたま)うまく行っていると思っていますが、考える余裕、選ぶ余裕があるのであれば選んだ方がいいです。

ただし「どの会社を選ぶといいのか?」は人それぞれ、経験やキャリアのゴール、考え方や優先順位が違うため「正解」は1つではないので、ここでは私がどのような事を考え会社選びをしてきたか、その会社を選んでどうだったのかをご紹介し、会社選びのヒントにしていただければと思います。

目次

「会社選び」に入る前に、覚えておいて欲しいこと

本題に入る前に、1つだけぜひ覚えておいていただきたいのですが「何を選択肢ても必ず後悔する」ということだけは心に止めておいてください。

「転職をすれば、しなければよかったと後悔する」

「転職しなければ、転職すればよかったと後悔する」

「A社を選べば、B社にすればよかったと後悔する」

という事です。「何を選んでも後悔するのであれば、どれが一番ましか?」という視点を持つことも重要です。

私のキャリアとお給料

私が最初に転職した外資ITは国内従業員の規模では数百人の規模でした。その後、数万人を超える従業員規模の外資ITに転職し、その後、数千人規模、数十人規模と今に至っています。外資ITの転職経験が浅いと「大手から小規模に移って給料はどうなったの?」と思う方もいるかと思いますが、私は全ての転職において、毎回150万円以上は給料アップして転職をすることができています。(RSUを除いて)

特に多くの方に興味を持っていただけると思う点は、実は「数千人規模」から「数十人規模」への転職の時が一番給料が上がりました。金額にすると株式(RSU)を除いた額で500万円ほどです。外資ITの世界に入ってしばらくするまで私もよくわかっていなかったのですが、「小規模の企業の方が給料がいい」ことがあります。なぜならば、有名企業であれば、色々な人が応募してその中から優秀な人材を選べばいいですが、小規模となるとそうはいかないからです。

「数百人規模」から「数万人規模」に転職する際、何を考えていたのか

私が最初に入った外資ITは数百人でした。もし仮に、「初めて外資ITに転職するとしたら、どれくらいの規模の会社がいいのか?」と聞かれることがあれば、私は間違いなく数百人規模をお勧めします。数百人いれば日本から撤退することはそうそうないですし、ほどよい感じで The 外資を体験して、会社全体でなんとなく誰が何をやっているかわかるレベルで、ある程度人がわかっている中でチームビルディングのような外資IT特有(かは知りませんが)の会社の催し物に慣れることができるからです。また、仕事の面でも数百名規模の方が会社全体で何が起こっているのか、外資における意思決定プロセスを学ぶことができると思いますので(少なくても私はできました)初めに選ぶとしたら数百名規模の外資ITをお勧めします。

今から思うと、一番最初に数百名規模の外資ITで色々と体験・経験できたのはその後に繋がったなと強く感じますが、在籍していた当時、私が思っていたことは「もっと大きな会社、より知名度のある会社に行きたい」でした。当時の給料でも日本の平均年収の倍以上もらってましたし、会社の株価も上がり続けていたので、お金の面ではあまり不満はなかったのですが、1社目の外資で転職のプロ達に出会い、話を聞いているうちに「自分も大手での経験を持った方が将来的に転職で有利になるのではないか」と思って少しづつ転職活動をするようになりました。

「数万人規模」から「数千人規模」に転職する際、何を考えていたのか

いくつか受けた中、オファーをもらえた大手が「数万人規模」の外資ITでした。夢の大手外資ITでのキャリアスタート!となった初日から、私は「すぐにでも辞めたい」と思うようになりました。その理由は、会社全体の雰囲気です。これはこれで勉強になったのですが、長年日本に根付いている外資IT企業(特に1900年代に日本にオフィスを開いた外資IT)は私が想像している日系の大企業に雰囲気が近いのではないかと思います。とにかく、直前までいた数百人の企業規模の外資ITとは色々と違ってカルチャーショックから一刻も早く辞めたいと思ってました

これは、長年日本に根付いている大手外資ITが悪い、という意味ではなく、逆に日系大手からの初めての外資転職で外資ITを最初に体験・経験するという意味では、いいのではないかと思います。ただ、数百人規模の今思うと少しイケイケな雰囲気のあった外資から行くとあまりの雰囲気の違いに私はストレスを感じてしまってました。

すぐにでも辞めたかったのですが、先々の事を考えて「もう一社、大手に行ってキャリアにハクをよう」と考えて、いくつかの企業に狙いを定めて、募集がかかるのを待っていました。

「数千人規模」から「数十人規模」に転職する際、何を考えていたのか

数千人規模の外資ITはゴリゴリの外資ではないけれども、ほどよく外資のいいところを取り入れて(というか外資なんですが)いい感じの会社でした。知名度や環境を考えると、この規模の大手が一番いいのかもしれません。(ただし、仮に最初に入るなら、数百人規模です)

この時に転職先として考えていた事は「誰かに呼ばれるまで待つ!」でした。「ここまで順調に給料もあげたし、キャリアにハクもつけたし、次はガツンと給料を上げるために誰かから誘われるまで待とう」というのが私の作戦でした。この考えに至ることができたのも、数千人規模の外資ITが居心地よかったからなのかもしれません。ただ、幸いなことに、結構すぐにお呼びがかかりまして、今の「数十人規模」の外資ITに転職することになりました。

常に考える「次はどうする?」

転職サイトや転職関連の動画を見ると「転職は人生の大きな決断です!」という趣旨の話を目にすることがありますが、はっきり言って、全くそんなことはありません。特に、外資ITにおいては。むしろ、常に「次はどうする?」と考えておくべき「次の転職で終わりにしよう!」なんて思っている人は一人もいません。もっといい条件で雇ってくれる会社があれば、それを逃す手はないです。

知名度の高い会社からじゃないと転職できない?大手に行く必要があるのか?

「知名度」については私も転職初期の頃は重要なものだと思っていましたが、必ずしも知名度が高い会社からじゃないと転職できないかというと、全くそんな事はありません。私は比較的知名度の高い会社に在籍していましたが、聞いた事ない企業から入社する人も多かったです。(私が業界に疎いだけかもしれませんが)

ただし、知名度があったほうが「有利」であることは間違いないです。採用する側も、あるポジションに任せたい業務があり「あの会社であれをやってたなら、これは大丈夫だね」というように、イメージがしやすいからです。また、入社してからも知名度のある会社を経験していれば「XXではこういう時にこうしてましたよ」とか色々と経験を共有する機会が増えるので、感謝されるというのはありますが、いきなり狙うのは厳しい場合もあるので、私のお勧めとしては、100名〜数百名規模の外資ITにまず転職して、そこから先の事はその後に考える方がいいのかなと思います。ぜひ、外資ITにチャレンジしてみてください!

あわせて読みたい
【転職に必須!企業一覧】2021年度版 外資トップ ソフトウェア企業100に選ばれた会社のランキングと口コ... キャリアプランを考える上で「どの会社に転職をするのか」を検討することは非常に重要です。今では日本でも現在や過去の従業員からの「口コミ」が見られるサイトが増え...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは外資ITの組織や良いところやキャリアに関わる裏事情、転職、採用、年収などさまざまな情報をご紹介してます。今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次
閉じる