LinkedInと転職エージェントは一緒に使えるって知ってました? 5回転職した私のおすすめ3社はコチラ

体験談:第二新卒/初めての転職活動でやってよかった事/やる必要がなかった事

ここがポイント!
1. ノウハウ情報収集は時間がもったいない!
2. もやもやと「転職したいなー」とネットサーフィンしている時期が一番ムダ!早く行動を起こそう!
3. 転職エージェントに会うと、自分の頭の中が整理される!
4. 転職エージェントは「企業の差」より「担当者の差」の方が大きい!
5. 求人はエージェント任せにしないで、自分でも探してみよう!

私はこれまで4回転職をしていますが、第二新卒となる初めての転職では何をやったらいいのか分からず、手探りで、手当たりしだい、色々な事をやっていました。今回は私が実践した色々な取り組みの中から特に重要であったいくつかのポイントをご紹介させていただきます。第二新卒や初めての転職活動に挑戦される方の参考にしていただけると幸いです。

目次

初めに「やる必要がなかった事」

本題に入る前に、振り返ってみて思う、「やる必要がなかった事」です。

初めての転職、「第二新卒」という貴重な(??)カードを使う転職でしたので、私は色々と不安で「絶対に失敗できない」という思いから、ノウハウ系のサイト・記事を読みあさってました。履歴書の書き方、志望動機の書き方、面接で聞かれる質問、面接で聞くべき質問などなど、、、検索するとたくさんの記事が出てくるので、一つ一つ読んで「受かる確率」をあげているつもりでした。オンライン上の情報に加え、本も買ってました。

断言できますが、それらのノウハウ系情報収集はほどほどで、もしくは、やらなくても大丈夫です。それらの情報は転職エージェントが教えてくれますし、転職サイトにまとまってます。初転職で不安にかられていた私は「色々なサイトを読んで取りこぼしを無くしたい」という思いでしたが、転職のプロであるエージェントの支援があれば「取りこぼす」ことはないですし、そんなノウハウよりもこれから紹介する、もっと大事な事に時間を使ったほうがいいです。

最初の転職のきっかけと転職活動「本格始動」まで

プロフィール記事でも紹介してますが、私は新卒でブラック中小IT企業に入ってしまいました。単純作業をこなすばかりの毎日、年収は200万円台、昇給は「なし」か年数千円、成長機会もなく、キャリアを考えることができない環境に日々焦りを感じでいました。「いつかは転職しなきゃ」と思いながらも、当時の私の頭の中に「どんな職場でも3年くらいはいないと転職はできない」という事が何かの影響ですり込まれていて、1年を過ごし、2年過ごし、3年目。我慢しきれず、在籍3年となる4年目に差し掛かる数ヶ月前に初めての転職活動を開始しました。

漠然と「転職しなきゃ」と思っていた私が初めての転職活動でやっていたことが:

  1. 「転職 第二新卒」、「転職 3年未満」、「転職 20代」などのキーワドで検索して、記事を読みまくる
  2. 転職サイトに登録して「なんとなく」求人を見てみる
  3. 漠然と「転職って怖いな」と思いながら、1と2を繰り返す
  4. 決意をして、転職エージェントに会う
  5. 転職活動を本格的に開始

という感じでした。1-3は結構長い期間ありまして、時間もそこそこ使って「なんとなく」ネットサーフィンしている状態でしたが、今から思うと本当に無駄な時間で、早く転職エージェントに会いに行けばよかったなと思います。

第二新卒や「初めての転職」ではなぜ、転職エージェントに会ったほうがいいのか

転職エージェントのいいところは「色々なアドバイスをくれる!」や「非公開求人を教えてくれる!」など他のサイトでは色々と紹介されていますが、私が思う第二新卒や初めて転職する方がエージェントに会ったほうがいいと思う理由は「人と話す事で、自分自身の考えが整理される」からです。

外資ITにいる今でこそ、転職話はいつも仲間としていますが、当時私は「転職とはある種、仲間の裏切りである」と思っていて、仲間には到底話ができませんでした。また、私の親は転職したことがないので、親にも相談できませんでした

そんな環境であった私は、正直ドキドキしながら、さながら面接されるような気分で転職エージェントに会いに行きました。すると、他のサイトで紹介されているような転職エージェントに会うメリットなどを感じたのはもちろんですが、漠然と「転職しなきゃ・・・」と思っていた自分の考えが整理され、本当の意味で「自分のキャリア」に向かい合う事ができるようになりました

あわせて読みたい
採用側から見る、初めての外資転職には転職エージェントを使った方がいい理由 ここがポイント!1. 最初にあなたのレジュメを見るのは業務を知らないリクルーターである!2. 「同じポジション」で「同じスキル」の人を面接官は何人にも会っている!3...

何社の転職エージェントに登録するといいのか

「複数の転職エージェントに登録すべし!なぜなら、持ってる案件が違うから!強みが違うから!」といった趣旨の記事がよくありますが、私としては、転職エージェントごとの企業としての差もあるかと思いますが、私が複数社のエージェントと会って感じた最大の違いは「自分を担当してくれるエージェントごとの能力の違い」です。企業はそれぞれ差別化のために、強みを持とうとしますので、それはそれであるとしても、最も重要なポイントは「担当エージェントが親身になって、あなたのキャリアを”一緒に”考えてくれるか」と言う点です。

いくら求人を多く取り扱っていても、非公開求人を持っていても、あなたを担当してくれるエージェントがあなたの将来を含めたキャリアを一緒に考えてくれなければ、将来を見据えた転職はできません

私が初めての転職の際は、いわゆる大手の転職エージェントから比較的小規模な転職エージェント合計で5社と会いました。各社色々とアドバイスをいただき、対策ツールやさまざまな資料をいただき、大変助かったのですが、この「エージェントの差」に気がついたのは3社目での事でした。このため、「何社の転職エージェントに登録するといいですか?」と言う質問があるとすれば、「いい担当エージェントに出会うまで」と言うのが回答になってしまいますが、時間も勿体無いので3社くらいは登録したほうがいいのではないかなと思います。

次で紹介する自己分析の話はその3社目で担当していただいたエージェントの方とのお話です。

あわせて読みたい
転職活動で選ぶべきは転職エージェント「企業」ではなく、あなたを担当する「人」 – いい担当者の選び方 ここがポイント!1. 転職エージェントでは「カスタマイズされた」ノウハウを提供してもらえる!2. ただし、「悪いエージェント」と「良いエージェント」がいるので注意...

自己分析?、転職の軸?「経験」や「強み」がなくても大丈夫

転職エージェントに会うと、まず最初にやるようにアドバイスされたのが「自己分析」でした。自分の経験を棚卸しして、強み・アピールポイントを見つけ、今回の転職で自分が実現したい事・転職の軸を見つけるため、と言うような趣旨でした。

ただ、、、これはかなり辛い作業でした。なぜなら、すでにお伝えした通り私はブラック中小IT企業で日々単純作業を2年以上やっていただけで、「経験」も「強み」もなかったためです。頑張ってひねり出したのが「単純作業の毎日→粘り強く業務を遂行する力」というくらいでした。

すると、担当していただいたエージェントの方が「”今できること”から次を考えるのではなく、もう少し広い視点で”将来どうなりたいか”から次を考えてみませんか?」とアドバイスをくれました。このアドバイスは漠然と転職を志して、経験も強みも無かった私からすると非常に衝撃的でした。「将来どうなりたいか」を考え、そこに向かうための選択肢を考えようとのことでした。

私には漠然と「いつか年収1000万円プレイヤーになりたい」と言う思いがありました。最初の転職当時の年収が200万円台だったので、「どうやってそこにたどり着くのか?」は全くイメージできていませんでしたが、漠然と考えていました。その話をすると、「一般的な企業では営業が一番稼いでいる」と言うこと、当時「インターネット広告業界が伸びている」と言うことに加え、単純作業の毎日だったとは言えITに関わっていたので、その知識を活かせるのではないかとアドバイスをいただき、「インターネット広告業界の営業」に絞って、最初の転職活動を進めることにしました。ここでのエージェントさんとの決断が今のキャリアに繋がっていると思ってます。

「面接慣れ」は本当に重要!特に初めての転職では

転職活動が本格的に始まると、エージェントさんから求人を紹介してもらい、「応募するか・応募しないか」を1件1件考える段階に入ります。応募して、企業側に興味を持ってもらえたら、面接に進むことになります。この段階で重要なことは「入社するか否かは受かってから考えればいい」ということです。色々と求人を紹介してもらっていると、どうしても「自分は選ぶ立場にある」と錯覚してしまい、選り好みしてしまい、厳選した結果、面接にすら進めないと言う状態に陥ります。実際に、私はそうでした。

なかなか面接に進めなかった際にエージェントさんにいただいたアドバイスが「本当に行きたい企業の面接の準備のために、”面接慣れ”しておく必要がある。そのためには、少しでも興味がある企業は応募してみるべき」と言うことでした。最初は「面接慣れって。。。」と半信半疑でしたが、実際に初めての転職、初回の面接になるとかなり緊張してしまい、うまく話をすることができませんでした。その経験から、エージェントさんのアドバイス通り、あまり選り好みしないで、いくつも応募するようになりました。

何社応募したか、までは覚えていませんが、当時10社ほど面接をしました。実際に「行きたいな」と思った会社は3社でしたが、結果的に2社から内定をいただくことができました。

転職エージェントと話をしていても、自分で求人を探す事も重要!

実を言うと内定をいただいた2社のうち、1社は私自身が転職サイトで見つけた求人で、私からエージェントさんに相談した企業でした。担当いただいたエージェントさんは本当に親切で、親身になって相談に乗ってくれていたので100%信頼していたのですが、きっと私の他にも転職希望者を担当していて、私のために求人を探してくれる時間も限られているかもしれないと思い、自分で見つけた求人をエージェントさんを通して紹介してもらえないかを相談してました。

最終的に私は転職先として自分で見つけた会社に行くことにしました。2社とも給料もほぼ同等、業務内容も同じでしたが、自分で見つけた「縁」を感じたからです。もちろん、エージェントさんは私の新しい門出を非常に喜んでくれました。

いかがでしたでしょうか。初めての転職は何かと心配で不安にかられる事が多いと思います。当初の私のように周りに相談できる人がいないと一人で考え込んでしまい、不安な気持ちをなかなか拭うことはできません。ぜひ、いいエージェントさんに出会って人生の新しい一歩の参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
【20代30代向け】キャリアの定期検診はやってますか?「ジョブ型」時代に重要な定期検診 日本ではまだまだ転職が一般的でないので「キャリア」について相談できる人を見つけるのは難しいのが現状です。私の親は終身雇用の企業で定年を迎えたため「キャリアプ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは外資ITの組織や良いところやキャリアに関わる裏事情、転職、採用、年収などさまざまな情報をご紹介してます。今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次
閉じる