LinkedInと転職エージェントは一緒に使えるって知ってました? 5回転職した私のおすすめ3社はコチラ

外資ITの新しい働き方「テレワーク」のリアル

ここがポイント!
1. 外資ITで「テレワーク」は「従業員を守るため」に「強制的に」!
2. 時間管理は「従業員の働きすぎ防止」のためだけ!
3. 日系と外資系では従業員に対する考えが違うことがある!

多くの外資系企業では、以前よりリモートワーク・テレワークの「制度」はありましたが、社員の多くがその制度を継続的に利用する「文化」としては根付いていなかったのではないかと思います。私が在籍していた4社の外資ITでも、一昨年までは部署内の数名が入れ替わりで月に数日テレワークをするという程度でしたが、去年からは限られた社員しか出社しては”いけない”」というレベルで会社側から強制的にテレワークをするように指示されるようになりました

日系企業では一部の大手企業を除いてなかなか浸透しないテレワークという働き方のリアルをご紹介し、外資ITへのチャレンジの参考にしていただけますと幸いです。

目次

「勤務時間」は自己申告

テレワークとなると多くの日系企業では「従業員の管理」が問題になるような話を目にすることがよくあります。外資に長く良すぎると、コンプライアンスと従業員の安全・健康以外で何を管理をする必要があるのか?という疑問が湧いてしまうのですが、どうも「オフィスにいる時間=勤務時間」にならないことが難しいとか。

確かに、私が10年ほど前いに最後に経験した中小の日系企業では従業員全員が紙のタイムカードを押してました。営業であっても全員が。それを月末にそれぞれ個人が会社の契約しているシステムに手作業で入れる、と言う仕組みでした。今考えると、生産性が低すぎて恐ろしいです。

外資系企業は成果主義となりますが、日本でビジネスをしている以上、36協定で従業員の「勤務時間の管理」は必須となります。ただ、それはあくまでも「従業員が働きすぎていないか」を管理しているだけであって、「ちゃんと働いているか」を”監視”するためのものではありません。(過去には勤務時間管理がなかった会社もありますが)勤務時間は基本的にシステムに入力することになりますが、従業員一人一人が自己申告で入力して、上司が承認して終わりです。平社員はもちろん残業代もでます。(年収1000万円超えていても)
でも、それって「こわーい成果主義があるからでしょ?」と思われた方、成果主義なんて怖くないという話をこちらでしてますので、ぜひご覧ください。

ウェブ会議のカメラ「オン/オフ」は自由、オンでもみんな私服

かなり前にテレワークが色々なニュースで取り上げられている際に見た記憶があるのですが、日系企業の中には「テレワークのルール」のようなものがあり、ウェブ会議のカメラは常にオン、会議に出席するときは必ずスーツを着る、のようなルールがある会社もあるとのことでした。ウェブ会議の画面に表示にされる位置を役職ごとに変えるというのもあった記憶があります・・・

さすがに最後のは極端な例だとは思いますが、外資ITでは全くそのようなことはありません。もちろん、テレワーク環境だとなかなか会う機会がないのでカメラをオンにして顔を見せて話すことは重要ですが、「常にカメラはオンにしなければならない」なんてことはありません服装ももちろん自由です。(これはテレワーク前から元々ですが)

テレワークが社会に浸透したことで企業の中で大きな変化の一つとなったのが「営業」です。もちろん複雑な商談であったり、重要な局面ではお客様のご了承のもと対面式で行われるケースもありましたが、基本的には営業もウェブ会議でお客様と商談をするようになりました。(その時はスーツです)

テレワークをし続けていると、みんなに会いたくなる

電車通勤の時間が削減され、非常に効率のいいテレワークですがデメリットもあります。これは実際にやってみて気がついた事ですが、同僚と集まって「雑談」をすることが重要なメンタルケアになっていたということです。

テレワーク環境ではその気になれば30分ごとに会議を入れれますし、誰とも話をしないで黙々と作業をすることができてしまいます。最初の頃はなんて効率的なんだろうと思っていたのですが、特に外資ですと朝の7時から米国と会議があり、日中は日本国内での会議があり、夕方以降はヨーロッパのチームと、、、一日中仕事をする事が可能になってしまいますので、自分で管理することが重要になります。

会社が唯一、気にしているのは「従業員の健康」のみ

そのような「働きすぎ」の従業員を強制的に休ませようと、会社独自の休日を月に1日設けている外資ITが増えてきています。また従業員が「どのようにすればストレスを溜めることがないか」、「健康に過ごせるか」を考えている外資ITは多く、日系企業とは全く真逆のような印象です。

外資系企業からは日系企業には戻れない

別の記事でも触れていますが、外資系企業への転職のデメリットとして「日系に戻ることができない」というのがあるそうです。戻りたいと思うのか、戻る必要があるのか、は別としてそういった懸念をされる方もいるそうです。

ある業務のプロフェッショナルとして、外資系企業から日系企業に移るできなくなるのか?というとそうんなことはないと思うのですが、確かに、この「従業員に対する考え」などは大きく異なったりするので、こう言う点においては、日系企業に戻ることはもうできないかもしれません。ただし、外資系のいいところ・面白いところを色々と他の記事では紹介していますので、ぜひご覧いただき、転職のチャレンジをしていただければと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは外資ITの組織や良いところやキャリアに関わる裏事情、転職、採用、年収などさまざまな情報をご紹介してます。今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次
閉じる