LinkedInと転職エージェントは一緒に使えるって知ってました? 5回転職した私のおすすめ3社はコチラ

気になる!外資系企業の「海外出張」のリアル

ここがポイント!
1. 外資ITでは海外出張のチャンスがいっぱい!
2. 移動・滞在中も手厚い手当がある!

外資ITでは1年に何回か海外出張の機会があります。部署や役職によっても回数は異なりますが、私がこれまで経験した外資ITの中でも最も多かったのが平社員(IC: Individual Contributor の略)でも、年に3回ほどありました。行き先は本社であったり、ラスベガスであったり、または、アジア太平洋地域(APJ/APAC)の集まりではシンガポールやオーストラリアのシドニーに行ったり、という具合です。

(きっと)日系企業ではなかなか経験のできないこの海外出張ですが、外資ITではさらに従業員に嬉しい色々なことがあります。今回は、そんな海外出張についてご紹介し、外資ITへのチャレンジの参考にしてもらえたら幸いです。

なお、私の経験では、従業員規模の多い会社よりも少ない会社の方が出張時の待遇もよかったので、これらは比較的小規模(と言っても数百名規模)の外資ITでの例だと考えていただければと思います。

目次

「海外出張」のチャンス

外資系企業では世界中に「同僚」がいますので、ことあるごとに集まろうとする雰囲気があります。(逆に偉い外人が日本によく来たがる、というのもあります)このため年に1-2回、同じ部門の決起会(キックオフ)を本社でやったりします。さらに「同僚」というのは、部門だけでなく「アジア」という地域カットでもいますので、アジアチームでどこかに集まったりもします。

外資ITでは大体、毎年本社が年に一回大規模の自社イベントを開催しますので、マーケティング部門や営業に所属しているとそのイベントにお客様を連れて行ったり、「視察」しにいく機会があります。さらに、営業部門では成績優秀者(ハイパフォーマー)に対して、ハワイやカリブ海などのリゾート地にパートナー(奥様など)と同伴でご褒美旅行が旅費プラス滞在費が1週間分プレゼントされたりします。ちなみに、営業系のキックオフは Sales Kick Off(セールスキックオフ)と呼ばれる営業決起会のようなものが本社やラスベガスなので開催され、ほぼ1週間のパーティーのような状態だったりします。

移動はプレミアムエコノミー

海外出張に恵まれている外資ITですが、それだけではなく、移動後すぐに仕事ができるようにと、プレミアムエコノミーで飛ぶことが許されている会社もあります。(最安のエコノミーしか許されない会社もありました)役職が高くなると、もちろんビジネスクラスも許されますが、平社員はプレミアムエコノミーです。プレエコに乗ったからといって、ついてすぐ仕事をするのはきついですが、嬉しいものです。

嬉しい滞在費用

私が日系企業にいた頃は出張をする立場ではなかったので、日系企業での平均はわからないのですが、私の外資ITの経験ではホテルの宿泊費は1泊 $300-400 までであれば可ということもありました。1泊3−4万円使えることになるので、大体どこでも泊まれますし、結構いいところに泊まれます。

さらに、滞在中の飲食は $150~$200 までは許されたりしますので、滞在先では自分のお金を使うことがほぼありません。むしろ、結構いいものが食べられます。これでさらに仕事を頑張れる気になれますよね。

気がつけば航空会社もホテルも上級会員

このような感じで何回も出張に行っていると、どんどんマイルやポイントがたまり気がついたら同僚全員、航空会社もホテルも上級会員だったりします。上級会員になると、家族旅行で家族にも少しだけいい体験をさせてあげられるので、これも嬉しいですよね。

いかがでしたでしょうか。今回は少し短めに、あまり話されてない海外出張のリアルについてご紹介させていただきました。今回の内容は結構いい待遇だった時の話もあるので、全ての外資ITに当てはまるわけではない点はご注意ください。ただ、外資ITにはこのように従業員を大切にする文化がありますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

5回の転職経験を踏まえて、LinkedInと併用できる外資IT転職におすすめのエージェント3選

日本ではまだまだ転職が一般的でないので「キャリア」について相談できる人を見つけるのは難しいのが現状です。私の親は終身雇用の企業で定年を迎えたため「キャリアプラン」の相談をできる状況ではありませんでした。そこで、私が頼りにしていたのが転職エージェントです。

転職エージェントの中ではすぐに転職をさせようとするエージェントがいる一方で、中長期的な視点でキャリアのアドバイスをくれるエージェントも多くいます。こちらでは私がこれまでの5回の転職を通して使った転職エージェントの中から、これまでの経験を踏まえておすすめのサービスを厳選してご紹介してます。

外資ITへの転職は LinkedIn と転職エージェントの併用が必須ですが、ここでご紹介している3社はそれぞれ、LinkedInにも非公開求人を掲載しているので LinkedIn との併用という観点でもおすすめです。

おすすめのポイント!
1. 中長期的な関係を前提に、キャリアの相談だけでも受けてくれる
2. ハイクラスに特化しているので、ハイクラスのキャリアに詳しい
3. 転職後1年間、入社後サポートを提供している

申し込みのステップ:
公式サイトの「無料面談に申し込む」をクリック。録画面に必要事項を入力。

必須の入力項目が19でほとんどが選択項目なのですぐに終わると思います。職務経歴書の添付は任意ですが、可能な範囲で書いたものを添付しておくとキャリア相談がより有意義なものになります。

想定登録時間:約5分

おすすめのポイント!
1. 中長期的な関係を前提に、キャリアの相談だけでも受けてくれる
2. ハイクラスに特化しているので、ハイクラスのキャリアに詳しい
3. 「両面型」の支援体制なので、企業の生の声に近い情報が知れる

申し込みのステップ:
公式サイトにて、まずはメールアドレスを入力、その後メールで届く登録画面に必要事項を入力。

必須の入力項目が27つありますが、ほとんどが選択項目なのでそれほど時間はかかりません。最も悩みやすい「職務経歴書」の添付や、テキストでの「詳しい経験の入力」は必須ではありません。ただし、可能な範囲で入力しておくとキャリア相談がより有意義なものになります。

想定登録時間:約10分

おすすめのポイント!
1. 中長期的な関係を前提に、キャリアの相談だけでも受けてくれる
2. ハイクラスに特化しているので、ハイクラスのキャリアに詳しい
3. 英語でキャリアの相談が可能

申し込みのステップ:
公式サイトから「まずは無料相談してみる」をクリック。履歴書については「添付なし」をクリック。登録画面に必要事項を入力。

必須の入力項目が22でほとんどが選択項目なのですぐに終わると思います。業務内容の記入は任意ですが、可能な範囲で書いておくとキャリア相談がより有意義なものになります。

想定登録時間:約5分

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは外資ITの組織や良いところやキャリアに関わる裏事情、転職、採用、年収などさまざまな情報をご紹介してます。今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次
閉じる