LinkedInと転職エージェントは一緒に使えるって知ってました? 5回転職した私のおすすめ3社はコチラ

「ジョブ型」時代のキャリアプランから考える「転職しない」リスク

ここがポイント!
1. 「ジョブ型」の導入済みまたは導入検討している企業は57.6%!
2. 毎年300万人以上が転職をしていて、2010年から増え続けている!
3. Change before you have to. (変革せよ。変革を迫られる前に。) !

2019年4月、当時の経団連会長だった西川会長が「終身雇用の継続が難しい」旨の発言は大きな注目を浴び、その発言は今もなお経済や雇用に関するニュースで引用され続けています。その流れを受けて、人事業界で注目を浴びているキーワードが「ジョブ型」です。パーソル総合研究所が2021年6月25日に発表した調査結果によると実に57.6% にものぼる企業が「ジョブ型」の導入または導入の検討をしているとのことです。

出典:パーソルキャリア

一方で、このジョブ型の流れが「一時的なブーム」と一部では言われてることも事実です。ただし、「終身雇用の継続が難しい」ことに変わりはありません。

仮にジョブ型の導入が進まなかった場合、「ジョブローテーションモデル」で特定企業でのキャリアに最適化された状態で「終身雇用が継続されない」という状況を意味し、特定企業でしか通用しない能力・スキルセットでいつか転職を強いられる、ということになりかねません。その状態が今、「早期退職の募集」という形で40代50代のサラリーマンに広まっているのではないかと思います。

しかし、「転職をすることのリスク」を多くの方が感じられているのも事実です。エン・ジャパンが2010年に実施した調査では、実に74%にものぼる方が「転職する方がしないよりもリスクが高い」と回答されています。

今回は、これらのデータと私が過去に経験した2社での採用側での視点を交えて、私なりに考える「転職をしないリスク」をご紹介させていただきます。今後のキャリアプランの参考にしていただけたら幸いです。

目次

毎年300万人以上が転職、2010年から伸び続けている

総務省統計局の発表している「労働力調査」によると、日本国内における転職者の推移は2010年より伸び続けており、2019年には351万人、2020年は大幅に落ちましたがそれでも319万人が転職をしているとのことです。

労働力調査のデータを基に筆者が制作

この全てが「ジョブ型」の転職ではないですが、重要なポイントは「転職者数が伸び続けている」という点です。2020年と同じような落ち込みが10年以上前のリーマンショック時に起こりましたが、2018年から2019年に起きた転職者数の伸びは過去に類を見ない増加率であるため、しばらくすれば同等の水準、もしくは「ジョブ型」の流れを受けてさらに伸びる可能性もあります。このため、今はまだ転職市場は「売り手市場」と言われていますが、この推移で転職者が増えた場合、「買い手市場」に変わってしまう日も遠くないかもしれません。

環境の変化というのはサラリーマンにとっては大きな成長機会となり、その意味ではジョブローテーションモデルも非常に重要ではありますが、終身雇用が継続されず「いつか」転職する必要が出た時に、過去に転職を経験している人と初めての転職に挑戦する人では、転職活動そのものもそうですが、新しい会社への適用能力も大きな違いが出てきてしまいます。そして、「採用する側」はその「適応能力」を気にします。

20代30代の感じる「転職をしない」リスク

先に紹介したエン・ジャパンの調査の中で聞かれている「会社にとどまるリスク」のうち20代30代が他の世代と比べて大きな違いがあるのが「他の会社でも通用する能力が磨けない」というリスクでした。

出典:エン・ジャパン

また、同じ調査の中で「転職先企業に対して不安に感じること」という問いに対しては、全世代共通で「自分のスキル・経験が通用するか」が最も多く選ばれています。これはまさに「今の職場では他の会社で通用するスキルが磨けていないため、転職先で通用するか不安」と感じているのではないでしょうか。

出典:エン・ジャパン

「他の会社で通用する能力」は「他の会社」に移らないと磨けません。「転職先で自分のスキル・経験が通用するか」は転職してみないと実際にはわかりません。

転職市場で求められるのは「資格」ではなく「実務経験」です。このため、さまざまな経験をした人が成功しやすくなります。「ジョブ型」においては、スペシャリストとして業務経験を深めた人が勝ちます。この実務経験は1社で同じ業務を経験しているだけでは深まりません。

転職とは必ずしも全員が「スキルを磨くため」にやっている訳ではないですが、転職をしている300万人の中の一部は間違いなく、自分のスキルを磨き、市場価値を高めるために転職されています。今20代30代であれば、転職を経験している人とそうではない人で「将来の可能性」が大きく違ってきてしまうリスクがあると私は思っています。

採用側から考える、
外資ITへの転職を考えている20代30代が「転職をしない」という機会ロス

転職市場では1歳でも若い方が有利と言われており、これは外資ITにおいても事実です。私はこれまで2社で採用側を経験していますが、40代で1社しか経験してない方は全員「入社して馴染めるか?」が議論になります。40代で初めての転職となる場合には、ニーズが高くかつ希少性の高い経験が必要となります。または、大手企業の役員レベルにすぐに会いに行けるような人脈です。40代で初めての転職となると必要なのは「入社して馴染めるか?」という懸念を払拭するような経験や人脈です。

逆に20代30代であれば「文化の違いは慣れることができる」と判断される可能性が高いです。今転職をしないという判断はその機会を自ら手放してしまうことになってしまいます。

終身雇用が継続されないということはいつか必ず転職を余儀なくされることを意味します。外資ITに限って言えば、40代で初めての転職は困難になってしまう可能性は高いです。

もし「今のスキル・経験が他社で通用するのか」が心配であったら転職エージェントに意見を聞いてみるのも一つの手です。転職エージェントは「転職させることが仕事」ではありますが、それは今すぐではなくても「将来転職をする人」を長期的な視点でサポートしてくれる転職エージェントも多くいます。一度相談をされて、自分のスキル・経験の棚卸しと、人材市場で求められている「他社で通用するスキル・経験」について聞いてみるのもいいかと思います。

実際に通用するのかを知りたければ、一度転職活動をして実際に別の企業の方々と会ってみるのもいいかと思います。「通用する」と感じれば転職をすればいいですし、まだ難しそうであれば、別の機会を考えることもできます。

いずれにしろ、毎年300万人転職をしていて、多くの人が「自分のスキル・経験が通用するのか」と不安を抱えながらも挑戦をしています。このため、今から何かしらの行動を起こしておかないと将来の可能性を自分の手で狭めてしまうリスクがあるのではないかと私は感じています。

Change before you have to. (変革せよ。変革を迫られる前に。)

これはゼネラル・エレクトリック社(GE)の最高経営責任者を務め「伝説の経営者」とも呼ばれたジャック・ウェルチの言葉です。経営においても、キャリアにおいても、変革を迫られる前に準備をしておくことが非常に重要です。

本記事がキャリアプランについて検討する材料になれば幸いです。

5回の転職経験を踏まえて、LinkedInと併用できる外資IT転職におすすめのエージェント3選

日本ではまだまだ転職が一般的でないので「キャリア」について相談できる人を見つけるのは難しいのが現状です。私の親は終身雇用の企業で定年を迎えたため「キャリアプラン」の相談をできる状況ではありませんでした。そこで、私が頼りにしていたのが転職エージェントです。

転職エージェントの中ではすぐに転職をさせようとするエージェントがいる一方で、中長期的な視点でキャリアのアドバイスをくれるエージェントも多くいます。こちらでは私がこれまでの5回の転職を通して使った転職エージェントの中から、これまでの経験を踏まえておすすめのサービスを厳選してご紹介してます。

外資ITへの転職は LinkedIn と転職エージェントの併用が必須ですが、ここでご紹介している3社はそれぞれ、LinkedInにも非公開求人を掲載しているので LinkedIn との併用という観点でもおすすめです。

おすすめのポイント!
1. 中長期的な関係を前提に、キャリアの相談だけでも受けてくれる
2. ハイクラスに特化しているので、ハイクラスのキャリアに詳しい
3. 転職後1年間、入社後サポートを提供している

申し込みのステップ:
公式サイトの「無料面談に申し込む」をクリック。録画面に必要事項を入力。

必須の入力項目が19でほとんどが選択項目なのですぐに終わると思います。職務経歴書の添付は任意ですが、可能な範囲で書いたものを添付しておくとキャリア相談がより有意義なものになります。

想定登録時間:約5分

おすすめのポイント!
1. 中長期的な関係を前提に、キャリアの相談だけでも受けてくれる
2. ハイクラスに特化しているので、ハイクラスのキャリアに詳しい
3. 「両面型」の支援体制なので、企業の生の声に近い情報が知れる

申し込みのステップ:
公式サイトにて、まずはメールアドレスを入力、その後メールで届く登録画面に必要事項を入力。

必須の入力項目が27つありますが、ほとんどが選択項目なのでそれほど時間はかかりません。最も悩みやすい「職務経歴書」の添付や、テキストでの「詳しい経験の入力」は必須ではありません。ただし、可能な範囲で入力しておくとキャリア相談がより有意義なものになります。

想定登録時間:約10分

おすすめのポイント!
1. 中長期的な関係を前提に、キャリアの相談だけでも受けてくれる
2. ハイクラスに特化しているので、ハイクラスのキャリアに詳しい
3. 英語でキャリアの相談が可能

申し込みのステップ:
公式サイトから「まずは無料相談してみる」をクリック。履歴書については「添付なし」をクリック。登録画面に必要事項を入力。

必須の入力項目が22でほとんどが選択項目なのですぐに終わると思います。業務内容の記入は任意ですが、可能な範囲で書いておくとキャリア相談がより有意義なものになります。

想定登録時間:約5分

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは外資ITの組織や良いところやキャリアに関わる裏事情、転職、採用、年収などさまざまな情報をご紹介してます。今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次
閉じる