転職エージェント選びに悩んでますか? 外資系IT企業への転職に強い転職エージェント12社を目的別で紹介!

外資IT営業に20代で転職して年収1000万円狙える会社は?確認すべきポイントと面接で聞くべき質問

当サイトのリンクには広告が含まれています。
外資IT営業20代で年収1000万円狙える会社のポイント
  • URLをコピーしました!

本サイトの記事は、年収500万円以上の方(ハイキャリアまたはその予備軍)を対象とした内容となっております。一部の方には参考にならない場合もございますので、ご了承ください。

管理人

ここがポイント!
1. 外資ITでは20代営業で年収1000万円超えている人はいっぱいいる!
2. 転職活動で「到達できる仕組みになっているか?」を確認しましょう!
3. 「自分が」到達できそうか、も確認しましょう!
4. 年収1000万円を営業で狙うのであれば、英語も資格も絶対に関係ない!
5. 20代向けに外資ITから営業職でおすすめ企業を選ぶとしたら「セールスフォース」一択!

平均年収が500万円台である日本のサラリーマンでは年収1000万円はある種「憧れ」のように言われていますが、外資ITで年収1000万円は結構序盤です。なので「20代で1000万円狙える外資ITはどこですか?」と仮に聞かれれば「大体どこでも狙えるんじゃないですか?」と答えます。それくらい、外資ITには年収1000万円を超える人たちがごろごろいます。企業口コミサイトの口コミなんて見ていても意味がありません。

特に営業/セールスという役職は外資ITの中でも最も多く給料をもらっている部門の一つなので、年収1000万円なんてのは超えてない人を見つける方が難しいかもしれませんし、年収1000万円に達していない外資IT営業がいたら、きっとその人は営業に向いてません。

今回は20代のIT営業の方に向けて、外資ITで年収1000万円の座を狙うときの重要なポイントをご紹介させていただきます。ぜひ、外資ITのチャレンジの参考にしていただければ幸いです。

管理人プロフィール

外資転職ドットコム:管理人

  • 5回の転職で6社を経験
  • 日系ブラックIT企業で社会人3年目で月収25万円(交通費込み)から、転職を重ねて今は外資系IT企業で年収2700万円超え(令和4年実績)
  • 給料関連の公的書類をこちらで公開中
プロフィール

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。(最初が安すぎたんですが笑)外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは企業の運営する転職系メディアでは紹介できないような裏話を含め、キャリア・年収アップを目指して外資ITへの転職を検討する上で気になるさまざまな情報を発信しています。

今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

”外資IT転職ドットコム”について

外資転職ドットコムは、日本国内のIT業界で働く全ての営業関連職の方に向けて、転職やキャリアの参考情報として外資系IT企業の実態をご紹介するブログです。本ブログは、管理人と複数の監修メンバーがそれぞれの体験と転職をすることで広げてきた各々の外資ITネットワークを通して収集した、企業の運営する転職系メディアでは紹介できない外資系IT企業の具体的な実態をご紹介しています。

監修メンバーは、それぞれが10年以上外資IT経験者のため、各々が大規模・中堅規模・小規模の企業を経験しており、外資転職ドットコムの内容は下記の外資系IT企業の中で複数の大・中・小規模の企業の内容を含みます。ぜひ、参考にしてみてください。(※全ての企業を含んでいる訳ではありません。)

IBM, Oracle, SAP, AWS, DELL, HP, Cisco, VMware, Lenovo, Microsoft, Salesforce, Google Cloud, Adobe, Opentext, Workday, SAS, Databricks, Snowflake, ZVC(Zoom), Splunk, Cloudflare, CrowdStrike, Okta, Akamai, servicenow, twilio

※外資転職ドットコムは、以下のサイトの情報や管理人の体験談をもとにしています。
人材サービス総合サイト消費者庁確かめよう労働条件厚生労働省総務省ハローワーク職業情報提供サイトGoogle Scholarキャリア形成サポートセンターJOB PICKS特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協会levels.fyiGlassdoor

まずは、キャリア相談してみませんか?

キャリアの「可能性」を調べなかった後悔だけはしないでください。

「ジョブ型」時代のキャリアプランの考え方を相談できる相手はなかなかいません。

私の親は終身雇用世代だったため、私自身もそうでした。

実は転職エージェントの中にはスグの転職を前提としないで、キャリアについて一緒に考えてくれる企業がいくつかあります。

自分のキャリアが気になったら、 JACリクルートメント のようなハイクラスへのキャリアアップを一緒に考えてくれる転職エージェントに自分の市場価値や進めるキャリアについて聞いてみると、キャリアの方向性がつかめるようになりますよ!

キャリア相談におすすめな転職エージェント

1位: JACリクルートメント

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社)

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!

3位: エンワールドジャパン

【公式サイト】https://www.enworld.com/

エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%

目次

年収1000万円の定義

外資に営業で転職をするとOTE(On-Target Earning:オン ターゲット アーニング)と呼ばれる「営業目標を100%達成したら、この金額になります」という金額が定時されます。そのOTEの中身は、いわゆる固定給とコミッション/インセンティブといわれるものに分けられます。この固定給とコミッションの割合が例えば 6:4 で4がコミッション、というような形です。コミッション部分については達成度合いに合わせて上がっていきますので、売れば売るほどどんどん給料が上がります。

多くの外資ITでは RSU と呼ばれる「自社株」を社員に提供して社員はそれを売ることができ、税法上はその株も「収入」として申告する必要がありますが、今回の話では省きます。(RSUも入れてしまったらそれこそ年収1000万円なんてすぐです)

外資IT転職で確認すべきポイントその1:そもそも仕組み上達成できるのか

私の経験や周りの友人の話を聞くと、ほとんどの外資ITでは20代でも1000万円を狙える仕組みになっていますが、あなたが転職する会社がもしかしたら仕組み上難しいかもしれませんので、そこは確認が必要です。外資ITの年収は、基本的に前職の年収をベースに決まるので、もしかしたらOTE で 年収1000万円は転職時のオファーとしてもらうことは難しいかもしれません。だからと言って、20代で年収1000万円が狙えないという訳では全くありません。

では、20代で年収1000万円が狙えるか否か、誰に確認すべきなのか。それは、あなたが必ず面接で会う「営業部長」または「あなたの上司になる人」です。初めてあった人とお金の話をするのは日系文化にいるとなかなか難しいかもしれませんが、営業部長はお金の話が大好きです。これは、間違いありません。お金が大好きだからこそ、外資ITで部長まで上り詰めているのです。なので、お金大好きな営業部長に直接聞きましょう。

転職エージェントは転職活動において、非常に心強いパートナーですが、あなたの受ける会社で働いているわけではないので、実情は知ることはできません。エージェント経由で聞く、という手もありますが、営業部長はお金が好きなだけでなく、お金が好きな人も好きなんです。外資IT営業でお金が好きであれば、お金のために頑張って努力をしてくれるからです。このため、あなたの「やる気」をアピールする意味でも、ぜひ直接聞いてみてください

確認すべきポイントは、「どれくらいの達成率で1000万円に届くのか?(120%なのか、200%必要なのか)」「実際に同じジョブグレードの人でどのくらい1000万円に届いているのか?」「それはどれくらい難しいことなのか?」などを聞くといいと思います。外資ITの社員は全員「ジョブグレード」というもので給料が決まりますので営業部長の頭の中では「XX君のジョブグレードと一緒で、去年 130%で1000万円達成してたはずだから、、、」と考えて教えてくれるはずです。

なので、まずは「そもそも仕組み上、20代(自分のジョブグレード)で1000万円狙えるのか」を確認しましょう。

外資IT転職で確認すべきポイントその2: あなたが達成できるのか

次のポイントは、仕組み上達成できてもあなたが達成できるか否かは全く別問題です。転職の会社選びにおいて、最も重要なポイントの一つは「自分が成功できる環境なのか?」という点です。書面上で読み取れる場合もありますが、特に転職経験の浅いうちはこれも面接で聞いた方がいいです。

例えば、あなたがどこか特定の業種の企業に営業をしていて得意なのであれば、担当する業種はどこなのか、また、ITは会社の規模によって意思決定プロセスが異なったりするので、担当する会社規模はどの程度なのか。意思決定をする相手はどういった部門なのか。というようなポイントです。

ただ、どれもこれも、あなたの得意分野ではないということもあり得ます。その場合、どうするかというと「自分はバリバリ頑張りますので、売り方を叩き込んでもらえますか?」と聞いてみましょう。20代であれば、これは通用します。お金大好きな営業部長はやる気に満ちている人が大好きです。こう言った発言は「得意分野がうちにハマらない」というネガティブな印象としてではなく、「やる気があるやつ」とポジティブに受け取られるケースの方が多いです。20代もしくは30代前半であれば。

外資IT転職に資格なんて絶対必要ないし、英語も「あったらいいね」レベル

ネットをみていると、外資IT営業への転職で「有利な資格」として情報処理系の資格やTOEIC何点以上、というような記事が出ていたりしますが、断言できます、全く関係ありません。「資格給」なんて発想は外資に存在しません。

少なくても、20代営業で年収1000万円狙うのにどちらも不要です。転職して、必要そうであれば、その時に資格取得・英語に取り組めばいいだけの話です。

ただし、出世して本社と交渉するような立場になるとやはり英語が必要になるので、もっともっと稼ぎたいと思っているのであれば「いつか英語が必要になる」ということは覚えておいた方がいいです。

外資IT営業20代のために、1社選ぶとしたら間違いなく「セールスフォース・ドットコム」一択

ITの営業をされている方であれば「セールスフォース」という名前は聞いたことがあるかもしれません。もしかしたら、会社で使っているかもしれません。もしあなたが、IT営業としてガンガン稼いで今後もキャリアを続けていく予定なのだとしたら、あなたの目指すところはGAFAMではではなくて間違いなく「セールスフォース・ドットコム」です。

実際に転職して成功している営業マネージャーによると、セールスフォースでは入社後まず1ヶ月間のトレーニング期間が設けられるそうです。そこでは、製品の知識や売り方はもちろんのこと確立された「営業論」を叩き込まれるのだそうで、これがものすごく勉強になるとのことです。

また、セールスフォースの営業というのは引くてあまたです。一度セールスフォースで営業を経験しておけば、その後はどこでも転職できてしまうのではないかな?と思うくらい、営業力には定評があり多くの企業の営業系で「元セールスフォース」は求められています。加えて、セールスフォースで営業マネージャーになることができれば、その後は他の外資ITの日本社長のキャリアも射程圏内に入ります。理由は簡単で、多くの外資ITではセールスフォースで顧客管理・営業管理をしているため、セールスフォースを使って営業を管理し、成功を納めているセールスフォースの営業マネージャーは喉から手が出るほど欲しい人材なのです。

セールスフォースの営業のポジションを獲得するのはもしかしたら難しいかもしれません。ただし、獲得できれば年収1000万円なんていうものはすぐに達成してしまうと思います。ぜひ、外資ITへのチャレンジの一環として応募してみることをおすすめします。

多くの外資ITでは”英語が必須ではない”って知ってましたか?

「外資系企業だから外資ITでは高い英語力が求められるのでは・・・」そんな風に思っていませんか?

実は多くの外資ITでは、高い英語力は必須とされていません。

サンプルとして、すでに多くの方が登録されている JACリクルートメント の掲載している(または、過去に掲載していた)求人をご紹介させていただきます。

求められる英語力は「抵抗がなければ」や「読み書きできれば尚可

多くの外資ITの掲載求人では「語学力」の項目がありますが、その多くが「初級以上」または「不問」です。外資系IT企業は基本的に日本国内のお客様の対応が主な業務ですので、対本社などんの英語を使う業務はマネジメント層が中心で、マネジメント層の求人以外は英語力は求められません。

英語力不問で年収1000万円以上は外資ITでは常識です。

もちろん、あそこも・・・

この記事の読者の方であれば、 JACリクルートメント がIT企業に強いことはよくご存知かと思いますが、外資IT以外でも、年収1000万円を超える国内SaaS系企業の求人や日系IT企業の優良非公開求人などを取り扱っているので、まだの方はぜひこの機会に登録、求人チェックをしてみてください。

外資IT営業20代で年収1000万円狙える会社のポイント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。(最初が安すぎたんですが笑)外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは企業の運営する転職系メディアでは紹介できないような裏話を含め、キャリア・年収アップを目指して外資ITへの転職を検討する上で気になるさまざまな情報を発信しています。

今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次