転職エージェント選びに悩んでますか? 外資系IT企業への転職に強い転職エージェント12社を目的別で紹介!

【体験談】外資ITの嬉しい福利厚生10選 — 4社の外資ITで体験したスゴい福利厚生

当サイトのリンクには広告が含まれています。
外資ITの福利厚生
  • URLをコピーしました!
管理人

ここがポイント!
1. 外資ITの人材市場は売手市場!
2. 外資ITでは優秀な方に興味を持ってもらうために、魅力的な福利厚生がいっぱい!
3. 特に従業員のスキル、健康、家族のために費用を負担するケースが多い!

外資系企業への転職のメリット・デメリットという趣旨の記事で「外資の福利厚生が日系企業に劣る。転職前提の考えなので、社員を手厚くケアするという発想がない」と言ったような内容を多く目にします。IT以外の外資系の福利厚生はよく知りませんので、これは外資ITに限った話なのかもしれませんが、外資ITで少し状況が違います。

基本的にIT業界は人材不足と言われており、加えて、企業側は一人でも多く優秀な人材に入社して欲しいと考えています。そ外資ITにおける転職市場は売り手市場なのです。このため、外資ITではさまざまな福利厚生が用意されています

ここでは私が在籍していた4社の外資ITで提供された福利厚生と、知人から聞いて羨ましかった福利厚生をご紹介いたします。1点ご注意として、全ての会社でこれから紹介する全てが福利厚生として提供されていたわけではないです。

また、ここで紹介するのは私が在籍していた企業での取り組みです。他の外資ITでも他社との差別化のためにさまざまな福利厚生が提供されていると思いますので、情報収集されることをお勧めします。

まずは、キャリア相談してみませんか?

キャリアの「可能性」を調べなかった後悔だけはしないでください。

「ジョブ型」時代のキャリアプランの考え方を相談できる相手はなかなかいません。

私の親は終身雇用世代だったため、私自身もそうでした。

実は転職エージェントの中にはスグの転職を前提としないで、キャリアについて一緒に考えてくれる企業がいくつかあります。

自分のキャリアが気になったら、 JACリクルートメント のようなハイクラスへのキャリアアップを一緒に考えてくれる転職エージェントに自分の市場価値や進めるキャリアについて聞いてみると、キャリアの方向性がつかめるようになりますよ!

キャリア相談におすすめな転職エージェント

1位: JACリクルートメント

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1

管理人も10年以上前からお世話になってます笑

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社)

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!

3位: エンワールドジャパン

【公式サイト】https://www.enworld.com/

エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%

目次

健康維持のための補助金

外資IT系企業では、従業員に生産的に業務をしてもらうために、従業員の健康を非常に気にしています。そのため、従業員の健康維持のための補助金を出している企業は多いです。

金額としては、月1万円や四半期毎に2-3万円など、さまざまですが、フィットネスやヨガに通う費用(ゴルフも可)、サプリメントや運動器具などの購入と言ったようなさまざまな用途で使える補助がでます。

セールスフォースの福利厚生ページ

キャリア形成のための補助金

外資IT企業では、年次の目標を立てる際、会社への貢献に対する目標を立てるのはもちろんなのですが、個人のキャリア形成のために目標を立てることがあります

Personal Development(パーソナルデベロップメント) と呼ばれるものですが、これを支援するために補助金を支給している企業も多いです。具体的には、書籍の購入や、何かしら外部の講習費用、大学院の学費補助などさまざまな用途で使えます。

金額としては、年数十万円が支給されます。私が経験した中で最も手厚かった企業では、この Personal Development の費用とは別に、日本の社員向けに英語学習の補助や、会社に英会話の先生を呼んでクラスを提供する企業もあります。

一つ注意点としては、この学習補助金は実際に受講した費用を会社に請求する形となるのがほとんどです。このため、一度自分で建て替える必要性があります。

とはいっても、会社のお金でスキルアップできるのでありがたいですよね。

セールスフォースの福利厚生ページ
マイクロソフトの福利厚生ページ

昼食手当・ケータリング・フリードリンク・スナックの提供

従業員に対する食事の提供で最も有名な外資ITといえば Google だと思いますが、あそこまでの規模でなくても、従業員に昼食やスナック・ドリンクを提供している外資ITは多いです。

昼食は会社の規模により、カフェテリアをオフィスの中に設けたり、ケータリングを毎日呼んだり、1日一人当たり数千円の予算が支給されたりなどさまざまです。

フリードリンクはファミレスであるようなドリンクサーバーが設置され、スナックはお菓子はもちろん、新鮮フルーツなども提供されている企業もあります。

傾向として、従業員の数が多い外資ITはオフィスの施設を充実させて、比較的規模が小さいとランチ手当として従業員に経費清算を許可するなどで対応しています。

Googleの福利厚生ページ

チームビルディング費用

別の記事でも紹介していますが、外資ITでは従業員同士の繋がりや結束を非常に重要視しています

「外資は成果主義で殺伐としている」という記事が多くありますが、少なくても私が在籍していた外資IT全く異なっていました。

その一つのいい例として、会社が社員同士の飲み会などの企画の費用を一部援助してくれる「チームビルディング費用」というのがあります。

これは、四半期毎に従業員一人あたりいくらと、決まった金額をグループで集めて使われます。例えば、一人あたり1万円の支援金であれば、10人集まって10万円を何か一緒に楽しむ企画に使えます

このチームビルディング費用は個人が自由に使うための費用ではないので、マネージャーがチーム全体で何をするか、または、チームをまたいだ活動をするか、などを他チームのマネージャーと話し合って企画したりします。

サバティカル休暇(長年働いた社員に提供されるボーナス休暇)

すでにお伝えした通り、外資ITでは従業員の健康状態を非常に気にかけています。

従業員にフレッシュな気持ちで在籍し続けて欲しいという思いで、在籍年数大体3から5年ごとに一度、十数日から数十日のボーナス休暇を支給している企業もあります

これをサバティカル休暇といいます。

従業員側としても非常にありがたい、嬉しい仕組みなのですが、なぜか不思議と、このサバティカル休暇を取った同僚は休み明けに転職を告知する、ということがよくあります。

このサバティカル休暇「そんなに長い間休めるの?業務はどうするのか?」と思われる方もいると思います。外資に転職したばかりの時、私もそう思ってました。

このサバティカル休暇がある外資ITではこの休暇がすでに文化となっているので、マネージャーやチーム全体でメンバーがこの休暇を心置きなく取得できるように業務体制を整えます。

取得する側も、その昔、誰かのサバティカル休暇をサポートしてるのでお互いさまとして心置きなく長期休暇を満喫できるのです。素晴らしい文化ですよね。

Adobeの福利厚生ページ

確定拠出年金制度

外資系企業では、退職金がないケースが多いようで、外資ITにもそれはあてはまります。

ただし、出している企業もあります。在籍年数何年と閾値が設けられ、それを超えたら在籍時の年収と在籍期間に合わせて支給されるケースもあります。私も実際、2度受け取ったことがあります。

退職金がないまたは、少ない外資ITでは、日本版 401k と言われる確定拠出年金制度に加入している企業が多いです。ざっくりいいますと、上限 55,000円の一部または全額を毎月会社が支給し、提携している運用会社が株式などで運用し、60歳になったら受け取れます、という制度です。

私はまだ受け取ったことはないですが、毎月の給料とは別に貯金ができている感覚で嬉しいです。

社員株式購入制度(ESPP)

外資IT関連の記事で「株」の話はストックオプションやRSU(譲渡制限付き株式ユニット)など様々ありますが、このESPPもその一つです。

私が過去に在籍していた日系企業で「従業員持株制度」というのがありましたが、ESPPは全くの別物です。

簡単にいいますと、決まった割合を給料天引きして、上場している自社の株を市場価格より安く購入できる制度です。

株価は変動しますので、リスクがあると言えばありますが、伸びている会社で提供されていると、最低でも安く購入した分だけ利益が必ず出ることになりますので、嬉しい仕組みです。

このESPPはイメージがつきにくいかもしれないので、一般公開されているAdobeの例をご紹介させていただきます。

自社株式購入プラン
給与天引きにより給与の最大25%をとりおき、半年毎に公平市場価値の少なくとも15%割引でアドビの株式を購入することができます。この割引価格は24か月変わりません。

各種保険(生命・傷害・所得保障)への加入

従業員の健康を気にする外資ITでは、従業員の家族に対するケアも手厚いです。

育児休暇や介護休暇などはもちろんですが、中には通常個人でしか入らないような生命・傷害・所得保障などの各種保険に企業側の負担で入れるケースがあります。

幸いな事に、これもまだ支給される側になったことがないですが、家族のことを考えると嬉しい仕組みです。

家族への配慮という意味では Google の遺族年金制度が10年以上前に話題になりました。

社員が死亡した場合、年収の半分を10年間遺族に支払う。子供は19歳になるまで毎月1,000ドル受け取ることができる。という内容がさまざまなメディアで取り上げられていました。

Googleの福利厚生 ページ

社会保険料全額会社負担

通常、社会保険料は企業と従業員がそれぞれ負担しますが、外資ITの中には、一般的には従業員が負担する分も含めて、全額企業が負担するケースがあります。

イメージとしては、給料明細に記載されている社会保険料の金額をそのまま会社が払ってくれる事になるので、給料が高いと言われる外資ITではかなりの額になり、嬉しい制度です。

ただし、転職する際に気をつけないといけないのは、この部分も加味して「年収」を交渉しないと、額面上は結構増えているのに、手取りはそれほど増えてない、という状態になりますので、注意が必要です。

テレワークの補助金

昨今、多くの外資ITでテレワークの導入が広がりました。

元々テレワーク自体は多くの外資ITで仕組みとしてありましたが、状況を踏まえて企業側から強く、または、強制的に在宅勤務を命じられるようになりました。そして、この補助として一定の金額を補助している外資ITは多いです。

仕事用のディスプレイやエルゴノミクス家具の購入費用や、月々のインターネット代などを支給する企業が多くあります。

自社製品の社員割引

法人向けサービスを提供している外資ITにはないですが、コンシューマー向け製品を提供している外資ITでは、従業員に対して自社製品を社員割引価格での販売を福利厚生の一つとしている企業も多いです。

ここでは、私の知っている3つをご紹介サンプルとしてご紹介します。

Amazonの福利厚生ページ
Appleの福利厚生ページ
Adobeの福利厚生ページ

いかがでしたでしょうか。私は大手の日系企業で仕事をしたことがないので、比較はできないのですが、外資ITでも手厚い福利厚生があることがお分かりいただけたのではないかなと思います。ここでご紹介しているのは、私が過去に経験したものだけですので、ぜひ、広く情報収集して外資ITにチャレンジしてみてください。

こちらで紹介した以外にも、外資ITにはさまざまなメリットがあります。一方で、不安を抱える方も多いと思います。こちらの記事で、私がこれまで体験した不安要素との向き合い方とメリットをまとめていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

多くの外資ITでは”英語が必須ではない”って知ってましたか?

「外資系企業だから外資ITでは高い英語力が求められるのでは・・・」そんな風に思っていませんか?

実は多くの外資ITでは、高い英語力は必須とされていません。

サンプルとして、すでに多くの方が登録されている JACリクルートメント の掲載している(または、過去に掲載していた)求人をご紹介させていただきます。

求められる英語力は「抵抗がなければ」や「読み書きできれば尚可

多くの外資ITの掲載求人では「語学力」の項目がありますが、その多くが「初級以上」または「不問」です。外資系IT企業は基本的に日本国内のお客様の対応が主な業務ですので、対本社などんの英語を使う業務はマネジメント層が中心で、マネジメント層の求人以外は英語力は求められません。

英語力不問で年収1000万円以上は外資ITでは常識です。

他の事例もコチラに

この記事の読者の方であれば、 JACリクルートメント がIT企業に強いことはよくご存知かと思いますが、外資IT以外でも、年収1000万円を超える国内SaaS系企業の求人や日系IT企業の優良非公開求人などを取り扱っているので、まだの方はぜひこの機会に登録、求人チェックをしてみてください。

あわせて読みたい
【やめとけ?】外資ITに転職してよかったポイントまとめ–お金とキャリアと働き方!外資系IT企業は... ここがポイント!一般的に言われている「外資系企業」のネガティブな特徴は「外資系IT企業」では正しくないことが多いです。外資ITへの転職を考える際に参考にしてくだ...
管理人

私の経験を踏まえて、あなたにピッタリの転職エージェントを診断します!簡単な設問だけなので、ぜひ試して見てくださいね!

Q1
あなたの年齢は?

外資ITの福利厚生

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。(最初が安すぎたんですが笑)外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは企業の運営する転職系メディアでは紹介できないような裏話を含め、キャリア・年収アップを目指して外資ITへの転職を検討する上で気になるさまざまな情報を発信しています。

今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次