転職エージェント選びに悩んでますか? 外資系IT企業への転職に強い転職エージェント12社を目的別で紹介!

【外資IT研究】Zoom(ZVC)の年収や採用情報、転職で気になる口コミ、社内環境や企業情報などを紹介!

当サイトのリンクには広告が含まれています。
Zoom年収
  • URLをコピーしました!
管理人

この記事では、Zoom(ZVC)の年収、過去の求人内容や会社概要をまとめています。
職種別年収とその内訳を知りたい方はこちらをクリック!

年収情報をすぐに見る

新しい時代のコミュニケーション手段として急成長を遂げているZoom。

Zoomはただの通信ツールを提供するだけではありません。Zoomには独自の企業文化、グローバルなステージでの業務、そして従業員一人ひとりのキャリア成長への真摯な取り組みがあります。

この記事では、Zoomの社内環境、ワークライフバランスの追求、そして福利厚生などを紹介します。

この記事の内容は公式サイトを含む様々な情報をまとめて掲載していますが、最新情報が気になる方は関しては公式サイトでご確認ください。https://explore.zoom.us/

目次

Zoom の年収事情

まず初めに、米国の給料情報サイト glassdoor の情報をもとに職種ごとの年収をご紹介します。

円への換算は計算をシンプルにするために、$1 を 100円で換算しました。なお、 glassdoor の掲載内容は基本的には米国内での口コミ投稿がメインとなりますが、日本にオフィスがある一般的な外資系IT企業の感覚として大きな違いはありません。

営業系(Account Executive)

スクロールできます
TOTAL(合計) ベース(Base)ボーナス(Bonus) 株/年(Stock/yr)コミッション(Commission)
1510万円〜2650万円790万円〜1320万円130万円〜250万円580万円〜1090万円

カスタマーサクセス系(Customer Success Manager)

スクロールできます
TOTAL(合計) ベース(Base)ボーナス(Bonus) 株/年(Stock/yr)コミッション(Commission)
950万円〜1660万円730万円〜1250万円110万円〜210万円110万円〜200万円

プリセールス系(Sales Engineer)

スクロールできます
TOTAL(合計) ベース(Base)ボーナス(Bonus) 株/年(Stock/yr)コミッション(Commission)
1910万円〜3180万円1210万円〜1860万円290万円〜540万円410万円〜770万円

インサイドセールス系(Sales Development Representative)

スクロールできます
TOTAL(合計) ベース(Base)ボーナス(Bonus) 株/年(Stock/yr)コミッション(Commission)
640万円〜940万円460万円〜600万円60万円〜100万円60万円〜100万円
まずは、キャリア相談してみませんか?

キャリアの「可能性」を調べなかった後悔だけはしないでください。

「ジョブ型」時代のキャリアプランの考え方を相談できる相手はなかなかいません。

私の親は終身雇用世代だったため、私自身もそうでした。

実は転職エージェントの中にはスグの転職を前提としないで、キャリアについて一緒に考えてくれる企業がいくつかあります。

自分のキャリアが気になったら、 JACリクルートメント のようなハイクラスへのキャリアアップを一緒に考えてくれる転職エージェントに自分の市場価値や進めるキャリアについて聞いてみると、キャリアの方向性がつかめるようになりますよ!

キャリア相談におすすめな転職エージェント

1位: JACリクルートメント

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1

管理人も10年以上前からお世話になってます笑

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。



転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社)

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!

3位: エンワールドジャパン

【公式サイト】https://www.enworld.com/

エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%

目次に戻る

Zoomの採用情報:過去掲載求人サンプル

営業/フィールドセールスの求人内容はコチラ

募集職種名: Account Executive – SMB

応募資格(機械翻訳):
・最低2年以上のアカウントエグゼクティブ経験
・SaaSまたはクラウドソリューションの販売経験があれば尚可
・中小規模の企業(従業員数10~250名以下)を対象に、高度なトランザクションを行う環境での業務経験者優遇。
・BA/BS、CRM(特にSalesforce)、MS Excel、MS PowerPointに熟練していること。

業務内容(機械翻訳)
・販売および製品に関する目標を達成する、またはそれを上回る
・リードを効果的に認定し、見込み客のニーズを特定し、必要に応じて技術的なリソースを活用する
・顧客デモ、プレゼンテーション、見積書、提案書、四半期ビジネスレビュー(QBR)の作成
・ビジネスニーズに対応するために、CレベルおよびVPレベルの役員とハイレベルな会話を行う・ソリューションセリングのテクニックを活用し、クロージングまでのセールスプロセスを効果的に導く
・既存顧客の開拓と維持、複雑な販売状況の管理、販売キャンペーンの実施
・新規および既存の顧客との関係からビジネスをアップセルし、活用する
・Salesforce CRMを活用し、タイムリーで正確なセールス活動のトラッキングとステータスアップデートを行う
・経営陣と戦略的に協力し、予測を行い、トレンドの機会や課題を特定し、推奨されるソリューションを提供します。
・営業活動の予測と収益の達成、および顧客満足の創出
・顧客の問題をタイムリーかつ徹底的に解決し、必要に応じて上司にエスカレーションする
・クライアントのビジネス活動に影響を与える可能性のある製品ライン、競合他社、業界の動向についての情報収集

多くの外資ITでは”英語が必須ではない”って知ってましたか?

「外資系企業だから外資ITでは高い英語力が求められるのでは・・・」そんな風に思っていませんか?

実は多くの外資ITでは、高い英語力は必須とされていません。

サンプルとして、すでに多くの方が登録されている JACリクルートメント の掲載している(または、過去に掲載していた)求人をご紹介させていただきます。

求められる英語力は「抵抗がなければ」や「読み書きできれば尚可

多くの外資ITの掲載求人では「語学力」の項目がありますが、その多くが「初級以上」または「不問」です。外資系IT企業は基本的に日本国内のお客様の対応が主な業務ですので、対本社などんの英語を使う業務はマネジメント層が中心で、マネジメント層の求人以外は英語力は求められません。

英語力不問で年収1000万円以上は外資ITでは常識です。

他の事例もコチラに

この記事の読者の方であれば、 JACリクルートメント がIT企業に強いことはよくご存知かと思いますが、外資IT以外でも、年収1000万円を超える国内SaaS系企業の求人や日系IT企業の優良非公開求人などを取り扱っているので、まだの方はぜひこの機会に登録、求人チェックをしてみてください。

Zoom の転職面接で聞かれた質問

ここでは、企業口コミサイトの情報をまとめて「Zoom 」の面接で聞かれた質問をいくつか紹介させていただきます。

  1. 「営業での経験、自分が販売する市場への理解度の確認」
  2. 「仕事以外で何をするのが好きですか?」
  3. 「この役割に応募する理由は何ですか?」
  4. 「以前の会社でのトップ顧客は誰でしたか?」
  5. 「失敗した時のことを教えてください。なぜZoomですか?」
  6. 「あなたの営業経験は何ですか?」
  7. 「どのような弱点を改善していますか?勝つのが難しい取引について説明してください。」
  8. 「Zoomに参加することに何があなたを動機付けていますか?クライアントにどのようにアプローチしますか?」
  9. 「SaaS、営業戦略、meddpiccメソドロジー、チャネルセールスに関する質問」
  10. 「3年後にどこにいたいですか?そこに到達するためのビジョンは?」
  11. 「あなたの販売スタイルは何ですか?」
  12. 「以前の役割で何を行ってきましたか?」
  13. 「最も戦略的な販売について教えてください。」
  14. 「なぜ過去に優れた成果を出せたのですか?」
  15. 「なぜ仕事を変えようとしていますか?Salesforceの使用経験はありますか?」
  16. 「営業プロセスの最も重要な部分は何ですか?」
  17. 「営業サイクルの時間を最小限に抑えるために何をしていますか?」
今すぐ転職を考えてない人にオススメ!

3年後、後悔しないために。

スキルが磨けて、年収も上がる。その可能性、考えてみませんか?

企業の公開している「求人情報」にはさまざまな「求める人材」の情報が書かれています。自分の経験と求められる経験を照らし合わせることで自分の進むべき方向がわかるようになります。

幅広いキャリアの可能性を探るために非公開求人を取り扱っている転職エージェントに会うことは重要ですが、「キャリアカウンセリング/相談」を前提としてるサービスを選ぶことがさらに重要です。(無理やり転職を進める転職エージェントも多いため)

管理人

私自身の過去5回の転職経験を踏まえて、キャリア相談におすすめな転職エージェントは以下の3つです!

1位: JACリクルートメント

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1

管理人も10年以上前からお世話になってます笑

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。



転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社)

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!

3位: エンワールドジャパン

【公式サイト】https://www.enworld.com/

エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%

目次に戻る

Zoomについて

Zoomは現代のオンラインコミュニケーションの主要な手段として、急速に名前を知られるようになった企業です。

オンライン会議、ウェブセミナー、ウェブトレーニング、さらには単なる友人や家族とのビデオ通話まで、さまざまなニーズに対応しています。

近年、世界中の企業や教育機関がリモートワークやオンライン授業に移行している中、Zoomのサービスは非常に価値あるものとなっています。

会社概要

Zoom Video Communicationsは、2011年にエリック・ユアンによってアメリカのカリフォルニア州サンノゼで設立されました。彼のビジョンは、人々がどこにいても瞬時につながる手段を持つことでした。現在、Zoomは世界中で使用されており、多くの企業や団体がそのサービスを信頼しています。特に高いセキュリティと使いやすさで知られ、多くのビジネスユーザーに愛用されています。

日本市場においても、Zoomのサービスは企業や学校、一般ユーザーに広く使われており、国内のニーズに応えるために日々努力しています。また、日本語のサポートやヘルプセンターを提供しており、日本のユーザーにとっても安心して使える環境を整えています。

ミッション/ビジョン

Zoomのミッションは「世界中の人々をつなげること」。

簡単に言えば、物理的な距離を超えてコミュニケーションをとることの障壁を取り除きたいという思いから生まれたものです。ビジョンは「瞬時に情報を共有し、コミュニケーションを簡単にすること」。

これは、ユーザーがZoomを使用することで、効率的に情報共有やコミュニケーションを行える環境を作るという目標を示しています。

事業内容

Zoomは主にビデオ会議サービスを提供していますが、それだけではありません。教育機関向けのサービスや、イベントやセミナーをオンラインで実施するためのプラットフォームも提供しています。また、企業のセキュリティ要件を満たすための機能や、APIとの統合もサポートしており、ビジネスシーンでの使用にも最適です。

主力製品

Zoomの製品ラインナップは多岐にわたりますが、主力として挙げられるのは以下の3つです。

  • Zoom Meetings:これはZoomの基本的なビデオ会議ツールであり、ユーザーは簡単な操作で高品質なビデオ通話を楽しむことができます。
  • Zoom Webinars:これは大規模なウェブセミナーやプレゼンテーションに適しており、多くの視聴者を対象としたオンラインイベントの実施に最適です。
  • Zoom Rooms:これは会議室向けのソリューションであり、会議室のハードウェアとZoomソフトウェアを統合して、より効果的な会議体験を提供します。

目次に戻る

Zoomの社内環境

Zoomの社内環境は、オープンかつ協力的な文化が根付いています。社員同士の相互尊重を基盤としたコミュニケーションが推奨されており、それが結果として高い生産性やクリエイティビティを生み出しています。

また、多様性とインクルージョンに重点を置き、異なる背景や考え方を持つ人々が共存し、相互の違いを尊重する環境が築かれています。

これにより、Zoomは様々なアイディアや意見が自由に交換され、新しい価値を生み出す場となっています。

ワークライフバランス

Zoomは従業員のワークライフバランスを非常に重視しています。

そのため、フレキシブルな勤務体制やリモートワークの選択肢が提供されており、従業員自身が自らの働き方を設計できる環境が整っています。

また、定期的に休暇を取ることを奨励し、リフレッシュや家族との時間を重視する文化が根付いています。

メンタルヘルスのサポートも強化されており、カウンセリングサービスの提供やストレスマネジメントのワークショップが実施されています。

福利厚生

Zoomの福利厚生は従業員の健康や生活の質を向上させることを目的として設計されています。以下はその一部です:

  • 健康保険: 全従業員には包括的な健康保険が提供され、定期的な健康診断や病気・怪我の治療に関するサポートが受けられます。
  • フィットネス: 従業員が健康的な生活を送ることをサポートするため、フィットネスクラブの会員権やスポーツ活動の補助が提供されています。
  • 家族サポート: 出産や育児のサポートがあり、育児休暇や短時間勤務などの選択肢が提供されています。また、家族向けのイベントやプログラムも充実しており、家族との時間を大切にする文化が推奨されています。

これらの福利厚生を通じて、Zoomは従業員が健康で充実した生活を送ることができる環境を提供しています。

Zoomの口コミ

ここでは、企業の口コミサイト glassdoor に投稿されている口コミのうちトップレビューに選ばれたものを、それぞれ「良い口コミ」と「悪い口コミ」に分けて紹介します。

良い口コミ

“確かに製品は素晴らしいが、人と文化がすべての違いを生む”

“素晴らしい福利厚生とストックオプション(RSU)”

“従業員は素晴らしく、世界的に認知されたブランドである”

“最高のCEOと経営陣は、個人とプロフェッショナルの成長に重点を置いている”

“素晴らしいリーダーシップとビジョン”

悪い口コミ

“レイオフ、最近では1300人以上の従業員をレイオフした。 仕事は運と入社後の配属に大きく左右される。”

“401kのマッチングがない”

“労働時間が長く、文化に慣れるまでは予測不可能”

管理人

私の経験を踏まえて、あなたにピッタリの転職エージェントを診断します!簡単な設問だけなので、ぜひ試して見てくださいね!

Q1
あなたの年齢は?

目次に戻る

Zoomでのキャリア開発

Zoomは急成長するテクノロジー企業であり、その中でのキャリア開発の可能性は非常に豊富です。ここでは、Zoomでのキャリア開発に焦点を当て、どのような道があるのか、また、Zoomが従業員の成長をどのようにサポートしているのかを詳しく探ります。

成長の機会

  1. 多様な役職とロール
    Zoomでは、エンジニアリングからマーケティング、営業やカスタマーサポートまで、さまざまな職種が存在します。これにより、自分の興味やスキルセットに合わせて、様々な分野でのキャリアを築くことができます。
  2. 国際的なキャリア
    Zoomは世界中にオフィスを持っており、国際的なキャリアを求める人には魅力的な環境です。異文化間コミュニケーションのスキルを磨くことができるだけでなく、異なる市場や文化に合わせたビジネスの戦略を学ぶことも可能です。

教育と研修

Zoomは従業員のスキルアップを重視しています。そのため、以下のような教育や研修プログラムを提供しています。

  1. 技術研修
    特に技術職においては、最新の技術やツールを学ぶための研修が頻繁に行われています。
  2. リーダーシップトレーニング
    管理職やリーダーを目指す従業員向けに、チームのリーダーシップや管理スキルを向上させるためのトレーニングが提供されています。
  3. 言語研修
    グローバルに展開している企業として、英語やその他の言語の研修も充実しています。

メンターシップ

経験豊富な先輩や上司が、キャリアの進め方やスキルの習得に関して、メンタリングを行っています。このメンターシップを通じて、日々の業務だけでなく、長期的なキャリアプランの構築についてもサポートを受けることができます。

Zoomでのキャリアは、自らの意欲と努力によって、多くの道が開かれるものです。そして、その成長をサポートするための環境や制度がしっかりと整っています。

目次に戻る

外資ITの最新情報やハイキャリアの相談は転職エージェントの活用がおすすめ!

目次に戻る

Zoom年収

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。(最初が安すぎたんですが笑)外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは企業の運営する転職系メディアでは紹介できないような裏話を含め、キャリア・年収アップを目指して外資ITへの転職を検討する上で気になるさまざまな情報を発信しています。

今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次