MENU
転職エージェント選びに悩んでますか? 外資系IT企業への転職に強い転職エージェント12社を目的別で紹介!

【外資IT研究】サービスナウ(ServiceNow) の年収、福利厚生や企業情報など、転職で気になる情報を紹介!

当サイトのリンクには広告が含まれています。
servicenow年収
  • URLをコピーしました!

本サイトの記事は、年収500万円以上の方(ハイキャリアまたはその予備軍)を対象とした内容となっております。一部の方には参考にならない場合もございますので、ご了承ください。

JAC Recruitment

ServiceNowは、2004年にPeregrine SystemsとRemedy CorporationのCTOであったFred Luddyによって創立されました。

日本法人は2013年に設立され、現在も活発に事業を展開しています。2018年には米ビジネス誌『Forbes』が毎年発表している「世界で最も革新的な企業ランキング」で1位となりました。

今回は、この先進的な企業の製品、ビジョン、そして働き方について、詳しく見ていきましょう。

求人が増えるこれからに備えて!まずは、キャリア相談してみませんか?

3年後、後悔しないために。

スキルが磨けて、年収も上がる。その可能性、考えてみませんか?

企業の公開している「求人情報」にはさまざまな「求める人材」の情報が書かれています。自分の経験と求められる経験を照らし合わせることで自分の進むべき方向がわかるようになります。

幅広いキャリアの可能性を探るために非公開求人を取り扱っている転職エージェントに会うことは重要ですが、「キャリアカウンセリング/相談」を前提としてるサービスを選ぶことがさらに重要です。(無理やり転職を進める転職エージェントも多いため)

管理人

私自身の過去5回の転職経験を踏まえて、キャリア相談におすすめな転職エージェントは以下の3つです!

1位: JACリクルートメント

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1

JAC Recruitment
ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社)

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!

3位: エンワールドジャパン

【公式サイト】https://www.enworld.com/

エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%

管理人プロフィール

外資転職ドットコム:管理人

  • 5回の転職で6社を経験
  • 日系ブラックIT企業で社会人3年目で月収25万円(交通費込み)から、転職を重ねて今は外資系IT企業で年収2700万円超え(令和4年実績)
  • 給料関連の公的書類をこちらで公開中
プロフィール

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。(最初が安すぎたんですが笑)外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは企業の運営する転職系メディアでは紹介できないような裏話を含め、キャリア・年収アップを目指して外資ITへの転職を検討する上で気になるさまざまな情報を発信しています。

今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

”外資IT転職ドットコム”について

外資転職ドットコムは、日本国内のIT業界で働く全ての営業関連職の方に向けて、転職やキャリアの参考情報として外資系IT企業の実態をご紹介するブログです。本ブログは、管理人と複数の監修メンバーがそれぞれの体験と転職をすることで広げてきた各々の外資ITネットワークを通して収集した、企業の運営する転職系メディアでは紹介できない外資系IT企業の具体的な実態をご紹介しています。

監修メンバーは、それぞれが10年以上外資IT経験者のため、各々が大規模・中堅規模・小規模の企業を経験しており、外資転職ドットコムの内容は下記の外資系IT企業の中で複数の大・中・小規模の企業の内容を含みます。ぜひ、参考にしてみてください。(※全ての企業を含んでいる訳ではありません。)

IBM, Oracle, SAP, AWS, DELL, HP, Cisco, VMware, Lenovo, Microsoft, Salesforce, Google Cloud, Adobe, Opentext, Workday, SAS, Databricks, Snowflake, ZVC(Zoom), Splunk, Cloudflare, CrowdStrike, Okta, Akamai, servicenow, twilio

※外資転職ドットコムは、以下のサイトの情報や管理人の体験談をもとにしています。
人材サービス総合サイト消費者庁確かめよう労働条件厚生労働省総務省ハローワーク職業情報提供サイトGoogle Scholarキャリア形成サポートセンターJOB PICKS特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協会levels.fyiGlassdoor

この記事の内容は公式サイトを含む様々な情報をまとめて掲載していますが、最新情報が気になる方は関しては公式サイトでご確認ください。https://www.servicenow.com/jp/

目次

ServiceNow(サービスナウ)の会社概要

ServiceNow は、企業向けクラウドサービスを提供する企業で、2004年にPeregrine SystemsとRemedy Corporationの元CTOであるFred Luddyによって設立されました。彼のビジョンは、企業の生産性を高めるクラウドベースの業務プラットフォームを提供し、企業内のあらゆる定型業務プロセスを簡素化・自動化することで、働き方を変革することでした。

2013年に日本法人が設立されて以来、ServiceNow Japanは日本国内での事業を拡大し、多くの企業が抱える課題の解決に向けたサービスを提供しています。その活動は、多くの評価を受けています。

特に、2018年には、米ビジネス誌『Forbes』が毎年発表している「世界で最も革新的な企業ランキング」で1位に輝きました。

また、ServiceNow Japanは、単なるサービス提供だけでなく、IT、カスタマーサービス、人事など企業全体を視野に入れたソリューションの提供を行っています。これらのソリューションは、企業全体にわたるデジタルワークフローの構築を支援し、企業の効率化と成長を促進することを目指しています​。

ミッションとビジョン

ServiceNowのビジョンは、「We make the world of work, work better for people」。

これは、「人々にしかできない付加価値の高い仕事を創造することを目的とし、企業の生産性を高める業務プラットフォームを提供する」という意義を持っています。

また、企業幹部にイノベーションを提供する企業となり、それに応じたマーケティングを行うことがCEOであるBill McDermottが2020年に述べた優先事項の一つとなっています。

現在のCEOであるBill McDermottは、ServiceNowの優先事項として以下の点を挙げています:

  • 企業幹部にイノベーションを提供し、それに応じたマーケティングを行う
  • 「世界クラスのGo-To-Marketの仕組み」で顧客と関わる
  • ServiceNowとパートナーの相乗効果を生み出す
  • 現場で働く人々に支持される製品体験を提供する
  • ServiceNowの従業員全員が協力し合う環境を強化する

ServiceNow(サービスナウ)の事業内容と主力製品

ServiceNowの事業内容は、主にクラウドベースの業務プラットフォームの提供に集約されます。

これは、企業内のさまざまな定型業務プロセスを簡素化し、自動化することで企業の生産性を向上させる役割を果たします。具体的には、IT、カスタマーサービス、従業員などの視点から見た企業内の業務プロセスの全体像を改善し、顧客体験や従業員体験の向上を目指します​。

また、ServiceNowのプラットフォームは、アプリケーション、データ、ビジネスロジック、セキュリティーモデルなどが単一のクラウドプラットフォーム上で稼働することを特徴とします。これにより、計画から運用、サービス管理まで、様々な業務がエンドツーエンドで完結する業務プロセスが可能になります。このコンセプトは、ITIL(Information Technology Infrastructure Library:ITサービスマネージメントのベストプラクティスを提供するフレームワーク)を基に設計されています​。

さらに、ServiceNowの主力製品は、その多機能性と広範なアプリケーション範囲から選ばれます。それらはITワークフロー、従業員ワークフロー、カスタマーワークフロー、そしてクリエーターワークフローの4つのカテゴリに分けられます。

ITワークフローでは、ITサービス管理、IT運用管理、戦略的ポートフォリオ管理、IT資産管理、セキュリティ運用、ガバナンスリスクとコンプライアンス、通信ネットワークパフォーマンス管理などが含まれます​。

従業員ワークフローでは、HRサービス提供、安全な職場組織、法的サービス提供、職場サービス提供などが含まれます​。

カスタマーワークフローでは、カスタマーサービス管理、フィールドサービス管理、接続されたオペレーション、金融サービスオペレーション、通信ネットワークパフォーマンス管理などが含まれます。

最後に、クリエーターワークフローでは、Now Platform App Engine、IntegrationHub、およびApp Storeなどのツールを提供しています​。

これらの製品とサービスは、企業全体にわたるデジタルワークフローの構築をサポートし、人々がより良い働き方を実現することを支援しています​​。

ServiceNow(サービスナウ)の社内環境とワークライフバランス

ServiceNowは企業全体を考慮に入れた製品とサービスを提供しています。

しかし、そのすべてが外向けだけではありません。同社は、現場で働く人々に支持される製品体験を提供し、ServiceNowが抱える従業員1万2500人のコラボレーションを強化することを目指しています。

そのために、ServiceNowは、提供されるアプリケーション、データ、ビジネスロジック、セキュリティーモデルなどが単一のクラウドプラットフォーム上で稼働するように実装されています。これにより、計画から運用、サービス管理など、さまざまな業務がエンドツーエンドで完結する業務プロセスの実現が可能となります。

これらを通じて、ServiceNowは社員のワークライフバランスを重視しています。企業としての成功と個々の社員の成功が相互につながる環境を築き上げることを目指しています。

ServiceNow(サービスナウ)の福利厚生

こちらでは一部を紹介させていただきます。詳細や詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

保険や退職金制度

従業員の生活を支えるため、ServiceNow Japanでは、各種の社会保険(健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金)を完備しています。また、退職後の生活を考慮し、退職金制度も設けられています。

社員割引制度とライフイベント支援

ServiceNow Japanの社員は、特定の商品やサービスを割引価格で利用することができる社員割引制度を利用できます。また、結婚や出産、子供の入学などの人生の大切な節目には、特別な支援が提供されます。

健康とウェルビーイングを支えるプログラム

ServiceNow Japanでは、従業員の健康維持とウェルビーイングを支援するためのプログラムも実施しています。定期的な健康診断やフィットネスクラブの会員登録サポート、ストレスマネジメントの研修など、従業員が健康で充実した生活を送るための支援を行っています。

ServiceNow(サービスナウ)の過去掲載求人サンプル

営業/フィールドセールスの求人はコチラ

募集職種名: Senior Enterprise Account Executive (Manu)

応募資格(機械翻訳)
・ソフトウェアまたはソリューションの営業組織における10年以上の営業経験
・既存顧客、見込み顧客、他チームとの信頼関係構築の経験
・新規ビジネスの創出、商談、Cレベルとの健全な関係維持の経験
・売上目標達成の経験
・ITに関わる「全体像」と「計画」を理解する能力
・チームとして勝つ」環境でのカスタマーサクセス重視の推進経験
・最大50%までの出張の意思があること

業務内容(機械翻訳):
・すべての製品販売において、複数のC-suiteペルソナ(CFO、CIO、COO、CDOなど)との関係構築
・アカウントチームへの顧客リレーションシップのマッピングを監督し、幅広いバーチャルチーム(ソリューションコンサルタント、ソリューションスペシャリスト、サクセスリソース、パートナー、マーケティングなど)を横断的にリードしながらアカウント戦略を編成する。
・お客様のビジネスを理解し、ServiceNowがどのようにお客様のITロードマップに貢献できるかをアドバイスし、お客様から信頼されるアドバイザーとなる。
・適切なタイミングで、適切なスペシャリストやサポートリソースを特定し、案件に導入すること

インサイドセールスの求人はコチラ

募集職種名: Sales Development Representative

応募資格
・クリエイティブで顧客志向のマインドセット
・テレマーケティング、リードジェネレーション、コールドコールの経験
・クラウドコンピューティングとSaaSの提供に関する一般的な理解・顧客に対する差別化能力
・トレーニングやミーティングのための出張が発生する可能性があります。
・日本語のネイティブスピーカーであること
・ビジネスレベルの英語力
・日本での就労が許可されていること

業務内容:
営業開発担当者は、適格な機会を特定することにより、営業パイプラインを構築します。
・ターゲットアカウント内の有力なコンタクトと新規ビジネス関係を確立する
・組織の目標を理解する
・新しい販売機会を特定し、CRMでフィールドセールスチームメンバーに渡す
・フィールドセールスとの連携による地域別テリトリー計画の策定
・マーケティングとのサービスレベル契約を維持するために、マーケティングリードに優先順位をつけ、処理し、管理するために当社の技術を使用する

非公開求人を含めた最新の求人情報を聞いてみよう
管理人

私自身の5回の転職経験を踏まえて、転職を前提としていない、気軽にキャリアの相談ができるおすすめの転職エージェントは以下の3つです!

1位: JACリクルートメント すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1。( 公式サイトはコチラ )

JAC Recruitment
ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社) 外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!公式サイトはコチラ

3位:エンワールドジャパン エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%。(公式サイトはコチラ

多くの外資ITでは”英語が必須ではない”って知ってましたか?

「外資系企業だから外資ITでは高い英語力が求められるのでは・・・」そんな風に思っていませんか?

実は多くの外資ITでは、高い英語力は必須とされていません。

サンプルとして、すでに多くの方が登録されている JACリクルートメント の掲載している(または、過去に掲載していた)求人をご紹介させていただきます。

求められる英語力は「抵抗がなければ」や「読み書きできれば尚可

多くの外資ITの掲載求人では「語学力」の項目がありますが、その多くが「初級以上」または「不問」です。外資系IT企業は基本的に日本国内のお客様の対応が主な業務ですので、対本社などんの英語を使う業務はマネジメント層が中心で、マネジメント層の求人以外は英語力は求められません。

英語力不問で年収1000万円以上は外資ITでは常識です。

(クリックして拡大)
(クリックして拡大)
(クリックして拡大)
(クリックして拡大)
(クリックして拡大)
(クリックして拡大)

もちろん、あの大手も、、、

(クリックして拡大)

この記事の読者の方であれば、 JACリクルートメント がIT企業に強いことはよくご存知かと思いますが、外資IT以外でも、年収1000万円を超える国内SaaS系企業の求人や日系IT企業の優良非公開求人などを取り扱っているので、まだの方はぜひこの機会に登録、求人チェックをしてみてください。


JAC Recruitment

ServiceNow(サービスナウ)の面接で聞かれた質問

ここでは、企業口コミサイトの情報をまとめて「ServiceNow(サービスナウ)」の面接で聞かれた質問をいくつか紹介させていただきます。

  1. 「関連するビジネスチャレンジに対する関連するビジネスケースを説明してください。」
  2. 「あなたのテリトリーをどのように構築しますか?」
  3. 「なぜこの役割に適していると思いますか?」
  4. 「XYZにどのように対処したか詳しく教えてください。」
  5. 「当社のプラットフォームはお客様のビジネスをデジタル化するのにどのように役立ちますか?」
  6. 「ServiceNowのブランドアンバサダーになるために何をしますか?」
  7. 「ServiceNowのソリューションをどのように位置付けますか?」
  8. 「ServiceNowについて最も気に入っている点は何ですか?」
  9. 「この縦型市場でのあなたの経験は何ですか?」
  10. 「なぜServiceNowで働きたいと思いますか?」

ServiceNow(サービスナウ)の年収事情

最後に参考情報として米国の給料情報サイト level.fyi の情報をもとにServiceNowの営業「Sales」の年収をご紹介します。

円への換算は計算をシンプルにするために、$1 を 100円で換算しました。なお、 level.fyi の掲載内容は基本的には米国内での口コミ投稿がメインとなりますので、該当企業の日本オフィスの水準とは異なることがある点ご留意ください。

また、参考にしている level.fyi はあくまでも口コミをベースとしたサイトですので、各社全ての給料レンジが網羅されているわけではありません

給料レンジ(円換算)

TOTAL(合計) ベース(Base) 株/年(Stock/yr)ボーナス(Bonus)
2007万円〜2977万円1347万円〜1704万円224万円〜625万円206万円〜232万円
求人が増えるこれからに備えて!まずは、キャリア相談してみませんか?

キャリアの「可能性」を調べなかった後悔だけはしないでください。

「ジョブ型」時代のキャリアプランの考え方を相談できる相手はなかなかいません。

私の親は終身雇用世代だったため、私自身もそうでした。

実は転職エージェントの中にはスグの転職を前提としないで、キャリアについて一緒に考えてくれる企業がいくつかあります。

自分のキャリアが気になったら、 JACリクルートメント のようなハイクラスへのキャリアアップを一緒に考えてくれる転職エージェントに自分の市場価値や進めるキャリアについて聞いてみると、キャリアの方向性がつかめるようになりますよ!

キャリア相談におすすめな転職エージェント

1位: JACリクルートメント

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1

JAC Recruitment
ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社)

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!

3位: エンワールドジャパン

【公式サイト】https://www.enworld.com/

エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%

外資ITの最新情報やハイキャリアの相談は転職エージェントの活用がおすすめ!

5回の転職経験を踏まえて、外資IT転職におすすめのエージェント3選

日本ではまだまだ転職が一般的でないので「キャリア」について相談できる人を見つけるのは難しいのが現状です。私の親は終身雇用の企業で定年を迎えたため「キャリアプラン」の相談をできる状況ではありませんでした。そこで、私が頼りにしていたのが転職エージェントです。

転職エージェントの中ではすぐに転職をさせようとするエージェントがいる一方で、中長期的な視点でキャリアのアドバイスをくれるエージェントも多くいます。こちらでは私がこれまでの5回の転職を通して使った転職エージェントの中から、これまでの経験を踏まえておすすめのサービスを厳選してご紹介してます。

外資ITへの転職は LinkedIn と転職エージェントの併用がおすすめですが、ここでご紹介している3社はそれぞれ、LinkedInにも非公開求人を掲載しているので LinkedIn との併用という観点でもおすすめです。

JAC Recruitment

おすすめのポイント!
1. 外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。
2. ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1
3. 中長期的な関係を前提に、キャリアの相談だけでも受けてくれる
4. ハイクラスに特化しているので、ハイクラスのキャリアに詳しい
5. 「両面型」の支援体制なので、企業の生の声に近い情報が知れる

申し込みのステップ:
公式サイトにて、まずはメールアドレスを入力、その後メールで届く登録画面に必要事項を入力。

必須の入力項目が27つありますが、ほとんどが選択項目なのでそれほど時間はかかりません。最も悩みやすい「職務経歴書」の添付や、テキストでの「詳しい経験の入力」は必須ではありません。ただし、可能な範囲で入力しておくとキャリア相談がより有意義なものになります。

おすすめのポイント!
1. 取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%
2. 中長期的な関係を前提に、キャリアの相談だけでも受けてくれる
3. ハイクラスに特化しているので、ハイクラスのキャリアに詳しい
4. 転職後1年間、入社後サポートを提供している

申し込みのステップ:
公式サイトの「無料面談に申し込む」をクリック。録画面に必要事項を入力。

必須の入力項目が19でほとんどが選択項目なのですぐに終わると思います。職務経歴書の添付は任意ですが、可能な範囲で書いたものを添付しておくとキャリア相談がより有意義なものになります。

おすすめのポイント!
1. 中長期的な関係を前提に、キャリアの相談だけでも受けてくれる
2. ハイクラスに特化しているので、ハイクラスのキャリアに詳しい
3. 英語でキャリアの相談が可能

申し込みのステップ:
公式サイトから「まずは無料相談してみる」をクリック。履歴書については「添付なし」をクリック。登録画面に必要事項を入力。

必須の入力項目が22でほとんどが選択項目なのですぐに終わると思います。業務内容の記入は任意ですが、可能な範囲で書いておくとキャリア相談がより有意義なものになります。

servicenow年収

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。(最初が安すぎたんですが笑)外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは企業の運営する転職系メディアでは紹介できないような裏話を含め、キャリア・年収アップを目指して外資ITへの転職を検討する上で気になるさまざまな情報を発信しています。

今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次