転職エージェント選びに悩んでますか? 外資系IT企業への転職に強い転職エージェント12社を目的別で紹介!

【外資IT研究】VMware Japan の年収、口コミ、福利厚生から企業情報まで、転職で気になる情報を紹介!

当サイトのリンクには広告が含まれています。
vmware企業情報
  • URLをコピーしました!

本サイトの記事は、年収500万円以上の方(ハイキャリアまたはその予備軍)を対象とした内容となっております。一部の方には参考にならない場合もございますので、ご了承ください。

こんにちは、今回の記事では、外資系IT企業への転職を検討している方、特にVMware Japanに興味をお持ちの方に向けて、VMware Japanの魅力を詳しく解説します。

VMware JapanはIT業界でのキャリアアップを実現したいあなたにとって、どのような機会を提供しているのか、その魅力と可能性を探っていきましょう。

今すぐ転職を考えてない人にオススメ!

3年後、後悔しないために。

スキルが磨けて、年収も上がる。その可能性、考えてみませんか?

企業の公開している「求人情報」にはさまざまな「求める人材」の情報が書かれています。自分の経験と求められる経験を照らし合わせることで自分の進むべき方向がわかるようになります。

幅広いキャリアの可能性を探るために非公開求人を取り扱っている転職エージェントに会うことは重要ですが、「キャリアカウンセリング/相談」を前提としてるサービスを選ぶことがさらに重要です。(無理やり転職を進める転職エージェントも多いため)

管理人

私自身の過去5回の転職経験を踏まえて、キャリア相談におすすめな転職エージェントは以下の3つです!

1位: JACリクルートメント

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社)

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!

3位: エンワールドジャパン

【公式サイト】https://www.enworld.com/

エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%

管理人プロフィール

外資転職ドットコム:管理人

  • 5回の転職で6社を経験
  • 日系ブラックIT企業で社会人3年目で月収25万円(交通費込み)から、転職を重ねて今は外資系IT企業で年収2700万円超え(令和4年実績)
  • 給料関連の公的書類をこちらで公開中
プロフィール

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。(最初が安すぎたんですが笑)外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは企業の運営する転職系メディアでは紹介できないような裏話を含め、キャリア・年収アップを目指して外資ITへの転職を検討する上で気になるさまざまな情報を発信しています。

今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

”外資IT転職ドットコム”について

外資転職ドットコムは、日本国内のIT業界で働く全ての営業関連職の方に向けて、転職やキャリアの参考情報として外資系IT企業の実態をご紹介するブログです。本ブログは、管理人と複数の監修メンバーがそれぞれの体験と転職をすることで広げてきた各々の外資ITネットワークを通して収集した、企業の運営する転職系メディアでは紹介できない外資系IT企業の具体的な実態をご紹介しています。

監修メンバーは、それぞれが10年以上外資IT経験者のため、各々が大規模・中堅規模・小規模の企業を経験しており、外資転職ドットコムの内容は下記の外資系IT企業の中で複数の大・中・小規模の企業の内容を含みます。ぜひ、参考にしてみてください。(※全ての企業を含んでいる訳ではありません。)

IBM, Oracle, SAP, AWS, DELL, HP, Cisco, VMware, Lenovo, Microsoft, Salesforce, Google Cloud, Adobe, Opentext, Workday, SAS, Databricks, Snowflake, ZVC(Zoom), Splunk, Cloudflare, CrowdStrike, Okta, Akamai, servicenow, twilio

※外資転職ドットコムは、以下のサイトの情報や管理人の体験談をもとにしています。
人材サービス総合サイト消費者庁確かめよう労働条件厚生労働省総務省ハローワーク職業情報提供サイトGoogle Scholarキャリア形成サポートセンターJOB PICKS特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協会levels.fyiGlassdoor

この記事の内容は公式サイトを含む様々な情報をまとめて掲載していますが、最新情報が気になる方は関しては公式サイトでご確認ください。https://www.vmware.com/

目次

VMware Japanとは

会社概要

VMwareは、カリフォルニア州パロアルトの小さなアパートから始まり、世界的なIT企業へと成長してきました。

世界各地に拠点を構え、多様な業務環境で創造性を発揮する従業員たちが協力して、テクノロジーの重要課題を解決しています。

ミッション・ビジョン・コアバリュー

VMwareの文化は、EPIC2というコアバリューに基づいています。これはExecution(実行力)、Passion(情熱)、Integrity(誠実さ)、Customers(顧客重視)、そしてCommunity(コミュニティ)の頭文字をとったもので、VMwareの全ての活動と行動の基盤となっています。

  • Execution(実行力):VMwareでは、協力して高い基準を維持し、卓越した成果を創出することを推奨しています。
  • Passion(情熱):常識にとらわれず、新たな可能性を追求する情熱が推奨されています。常に顧客や製品、そしてお互いをより良くするための努力が求められます。
  • Integrity(誠実さ):言葉と行動の一致が期待されています。お互い、顧客、パートナー、株主、そして社会全体との信頼関係を構築し、維持することが推奨されています。
  • Customers(顧客重視):顧客はVMwareのミッションの中心に位置しています。VMwareから流れ出る革新が、あらゆる組織が最も厳しい技術的課題に対処するのを支援します。
  • “Community(コミュニティ):従業員はオープンな心と謙虚な心でお互いに接することが奨励されています。時間、才能、エネルギーを捧げるためのサービスの機会は豊富です。”)また、社内外のコミュニティとのつながりを重視し、時間、才能、エネルギーを社会に奉仕する機会も豊富に提供されています。

VMwareはこれらのコアバリューを実現し、具現化するために、年に一度「EPIC2 Achievement Awards」を開催しています。ここでは、会社の高い基準を常に超え、特別な品格を示す従業員が表彰されます。

VMware Japanでの働き方

柔軟な働き方

VMwareでは、テレワークや柔軟な業務環境を選択できるため、自宅でもオフィスでも最大限のパフォーマンスを発揮することが可能です。働き方は一つに固定されていないため、それぞれのライフスタイルや働き方に合わせて仕事を進めることができます。

チームワークと協力

VMwareでは、多くのチームが一つのVMwareとして連携し、成果の達成に向けて取り組んでいます。社員はともに協力し、より良い方法を生み出していくことができます。このような協力的な環境は、新しいアイデアを生み出し、問題解決に取り組む上で大きな強みとなります。

ダイバーシティとインクルージョン

VMwareでは、ダイバーシティとインクルージョンが企業文化の一部となっています。それぞれの個性と多様性を尊重し、それが新たなアイデアや視点を生み出す力となることを信じています。

VMware Japanでのキャリア開発–学習と成長の機会

VMware Japanでは、さまざまな学習機会を通じてキャリア形成やキャリアアップを図ることができます。スキルアップを目指す方は学習プラットフォームを利用することができ、また、メンターシップやコミュニティイベントを活用してネットワーキングを広げることも可能です。

VMwareでは、社員一人一人が技術的な課題に取り組む機会が提供されています​​。社員それぞれのアイデアが社会に貢献する力へと育てられ、それを通じて自身の成長も促進されます。

VMware Japanで働くことは、自身のキャリアを開発し、社会に影響を与える機会を得ることを意味します。これは、全ての社員が世界各地の社会の一員として、テクノロジーにまつわる重要課題の解決に取り組むための環境が整っているからです​1​。

これらの要素は、VMware Japanが提供する働きがいとキャリア成長の機会の一部に過ぎません。パロアルトの小さなアパートから始まったビジネスが、今では世界的な企業に成長し、さまざまな職場で従業員が創造性を発揮しています​1​。

まとめると、VMware Japanは、豊富な学習と成長の機会、柔軟な働き方、協力的なチーム環境、そしてダイバーシティとインクルージョンを尊重する文化を提供しています。これらの要素が組み合わさった結果、VMware Japanは、社員一人一人が自分自身を最大限に発揮し、世界に影響を与えることができる環境を提供しています。

働きがいのある環境:VMwareの福利厚生とワークライフバランス

VMwareの福利厚生:従業員とその家族を支える充実した制度

VMwareは、業界で最も充実した福利厚生を提供することで知られています。

これは従業員とその家族を守り、支援するためのものです。また、その福利厚生の一部として、VMwareは従業員のキャリア開発を促進するさまざまな学習機会も提供しています。

学習プラットフォームを利用することで、スキルを磨くことが可能です。また、コミュニティのイベントやメンターシップを通じて、人脈を広げることも可能です。

VMware 福利厚生ページ
VMware 福利厚生ページより

ワークライフバランスの実現:柔軟な働き方の推進

VMwareでは、従業員が自身の仕事とプライベート生活を両立することを重視しています。

そのために、VMwareでは柔軟な働き方を推進しています。テレワークや柔軟な業務環境を選択することが可能で、自宅でもオフィスでも仕事のパフォーマンスを最大限に発揮できるような環境が整っています。

また、VMwareの文化は共有の価値観、EPIC2(Execution, Passion, Integrity, Customers, Community)を基に構築されており、これにはプロフェッショナルとパーソナルの両方の生活でバランスをとることが含まれています。

社員の成長とキャリア開発:豊富な学習機会とメンターシップ

VMwareでは、学習機会とメンターシップを通じて、社員のキャリア形成やキャリアアップを図ることが可能です。

これは、全ての社員がテクノロジーにまつわる重要課題の解決に取り組むことが期待されている環境から生まれるものです。そしてそれは、社員一人ひとりのアイデアを社会に貢献する力へと大きく育てることができる企業文化の一部でもあります。また、VMwareでは、社員一人ひとりが成果の達成に向けて取り組む多様なリーダーからなるチームがあります。

これらのチームでは、社員は協力し合い、より良い方法を生み出していくことが可能です。

インクルーシブな職場文化:ダイバーシティとインクルージョンの尊重

VMwareは、個性の違いが生む力を活用し、「相手を上回る思いやりをもって接する」ことを尊重するダイバーシティとインクルージョンの理念が根付いた企業文化を目指しています。

また、EPIC2の価値観には、従業員が開放的な心と謙虚な心で接することを奨励する「Community」が含まれています。このことからも、VMwareが多様性と包摂性を重視していることが明らかです。

社員の達成を称える:EPIC2 Achievement Awards

VMwareでは、EPIC2 Achievement Awardsというプログラムを通じて、非凡な従業員を毎年表彰しています。

この賞は、企業の高い基準を常に超え、特別な品質のキャラクターを示す能力を持つ個々の従業員を認識するためのものです。その献身とリーダーシップは、変化と変革の時期に特に、他の人々を触発し、動機付ける力を持っています。

管理人

私の経験を踏まえて、あなたにピッタリの転職エージェントを診断します!簡単な設問だけなので、ぜひ試して見てくださいね!

Q1
あなたの年齢は?

過去掲載求人情報サンプル

営業/フィールドセールスの求人内容はコチラ

募集職種名:Senior Account Executive_Pub

応募資格(機械翻訳):

  • ハード・ソフトを問わず、IT業界での法人営業職で、顧客担当として個人目標額を持ち、
  • 提案型ソリューション営業の経験を 5 年以上お持ちの方
  • 直販経験保持者歓迎
  • ITインフラ、クラウドの構造を理解していること(ハード・ソフト共に)入札等を伴う大規模システム、仮想化ソリューションを含めたインフラシステムの提案経験をお持ちの方
  • 営業目標達成のため、プロセスを確立・実践し、高いゴールを継続して達成されている方
  • 社内外問わず、高いコミュニケーションスキルをお持ちの方
  • 英文資料の読解と、Email での英語コミュニケーション力歓迎(努力目標も可)
  • 新規顧客開拓の経験者歓迎
  • What is the leadership like for this role? What is the structure and culture of the team like?
  • このポジションの採用責任者のプロフィールや組織構成、チームの雰囲気について
  • VMware入社歴5年、防衛省を担当して4年、
  • Manager 1人、Sales Rep 4名の体制
  • 若手と中堅が2名、2名とバランスのよいチーム。
  • チーム内は、活発に意見が言い合える、オープンな環境。

業務内容(機械翻訳)

  • 防衛省の課題を理解し解決するため、エンドユーザー様及びパートナー様に対して、防衛省の業務の視点から製品・サポート・サービスを含めた統合的な提案を行う
  • 担当顧客やパートナー様の意思決定者やキーマンとの関係構築と継続の実施
  • 市場動向・IT 投資特性・競合状況などを分析の上、アカウントプランニングと実行の両輪の実施
  • VMware製品の認知度向上(特にネットワーク&セキュリティの分野)
  • Virtual Account Team制を導入していることから、営業部門以外のメンバーとのチームワークによる案件開拓・醸成とクロージングまでのプロセスの自己管理の実施
  • アカウントの責任者としての各種活動のオーナーシップ
  • プロダクトアウトの提案活動ではなく、お客様目線でリーダーシップの発揮し営業活動の推進
多くの外資ITでは”英語が必須ではない”って知ってましたか?

「外資系企業だから外資ITでは高い英語力が求められるのでは・・・」そんな風に思っていませんか?

実は多くの外資ITでは、高い英語力は必須とされていません。

サンプルとして、すでに多くの方が登録されている JACリクルートメント の掲載している(または、過去に掲載していた)求人をご紹介させていただきます。

求められる英語力は「抵抗がなければ」や「読み書きできれば尚可

多くの外資ITの掲載求人では「語学力」の項目がありますが、その多くが「初級以上」または「不問」です。外資系IT企業は基本的に日本国内のお客様の対応が主な業務ですので、対本社などんの英語を使う業務はマネジメント層が中心で、マネジメント層の求人以外は英語力は求められません。

英語力不問で年収1000万円以上は外資ITでは常識です。

もちろん、あそこも・・・

この記事の読者の方であれば、 JACリクルートメント がIT企業に強いことはよくご存知かと思いますが、外資IT以外でも、年収1000万円を超える国内SaaS系企業の求人や日系IT企業の優良非公開求人などを取り扱っているので、まだの方はぜひこの機会に登録、求人チェックをしてみてください。

非公開求人を含めた最新の求人情報を聞いてみよう
管理人

私自身の5回の転職経験を踏まえて、転職を前提としていない、気軽にキャリアの相談ができるおすすめの転職エージェントは以下の3つです!

1位: JACリクルートメント すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1。( 公式サイトはコチラ )

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社) 外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!公式サイトはコチラ

3位:エンワールドジャパン エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%。(公式サイトはコチラ

VMwareの面接で聞かれた質問

ここでは、企業口コミサイトの情報をまとめて「VMware」の面接で聞かれた質問をいくつか紹介させていただきます。

  1. 「あなたのモチベーション、関連する経験について教えてください。」
  2. 「なぜこの役割に応募しましたか?あなたの強みと弱みは何ですか?毎日何があなたを動機付けますか?あなたの情熱について教えてください。」
  3. 「以前の経験のどの側面が、この役割で最も役立つと思いますか?このポジションで有益であろうと思われるユニークな経験はありますか?それについて説明してください。」
  4. 「あなたが最も強みと弱みと考えるものは何ですか?」
  5. 「何かで失敗した時のこと、その後どうしたか教えてください。大きな問題に直面した時、それをどのように処理しましたか?」
  6. 「チームプレイヤーですか?チームプロジェクトで働いた時のことを説明してください。チームでのあなたの相対的な位置は?自分の貢献に満足していましたか?それをどう改善できたか?」
  7. 「圧力下での仕事はどうですか?それにどう対処したかの例を教えてください。締め切りが近づいている時、どのように振る舞いますか?」
  8. 「批判にどのように反応しますか?」
  9. 「これまでのキャリアで最も大きな失望は何でしたか?」
  10. 「これまでの最大の成果は何ですか?」
  11. 「5分で仮想化についての概要を教えてください。」
  12. 「自分自身について何を改善したいと思いますか?」
  13. 「チャネルコンフリクトをどのように扱いますか?」
  14. 「このポジションで直面した問題とその解決策を説明してください。」
  15. 「この仕事で成功するためのステップは何ですか?」
  16. 「クラウドコンテナ化がどのように進化していくと思いますか?」
  17. 「この役割においてあなたをユニークにするものは何ですか?」
  18. 「次の5年間について教えてください。」
  19. 「次の役割で何を求めていますか?」
  20. 「販売キャンペーンの例と、顧客に価値を示した方法を提供してください。」
  21. 「リモートポジションで効果的に働くことができると思いますか?」
  22. 「以前の営業役割で取り組んだ複雑な取引について説明してください。」
  23. 「過去に営業でどこで失敗しましたか?」

VMwareの年収事情

最後に参考情報として米国の給料情報サイト level.fyi の情報をもとにVMwareの営業「Sales」の年収をご紹介します。

円への換算は計算をシンプルにするために、$1 を 100円で換算しました。なお、 level.fyi の掲載内容は基本的には米国内での口コミ投稿がメインとなりますので、該当企業の日本オフィスの水準とは異なることがある点ご留意ください。

また、参考にしている level.fyi はあくまでも口コミをベースとしたサイトですので、各社全ての給料レンジが網羅されているわけではありません

給料レンジ(円換算)

TOTAL(合計)ベース(Base)株/年(Stock/yr)ボーナス(Bonus)
2,613万円〜3,858万円1622万円〜2,517万円68万円〜400万円330万円〜458万円
VMware営業の年収レンジ
levels.fyi より
まずは、キャリア相談してみませんか?

キャリアの「可能性」を調べなかった後悔だけはしないでください。

「ジョブ型」時代のキャリアプランの考え方を相談できる相手はなかなかいません。

私の親は終身雇用世代だったため、私自身もそうでした。

実は転職エージェントの中にはスグの転職を前提としないで、キャリアについて一緒に考えてくれる企業がいくつかあります。

自分のキャリアが気になったら、 JACリクルートメント のようなハイクラスへのキャリアアップを一緒に考えてくれる転職エージェントに自分の市場価値や進めるキャリアについて聞いてみると、キャリアの方向性がつかめるようになりますよ!

キャリア相談におすすめな転職エージェント

1位: JACリクルートメント

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社)

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!

3位: エンワールドジャパン

【公式サイト】https://www.enworld.com/

エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%

外資ITの最新情報やハイキャリアの相談は転職エージェントの活用がおすすめ!

5回の転職経験を踏まえて、外資IT転職におすすめのエージェント

日本ではまだまだ転職が一般的でないので「キャリア」について相談できる人を見つけるのは難しいのが現状です。私の親は終身雇用の企業で定年を迎えたため「キャリアプラン」の相談をできる状況ではありませんでした。そこで、私が頼りにしていたのが転職エージェントです。

転職エージェントの中ではすぐに転職をさせようとするエージェントがいる一方で、中長期的な視点でキャリアのアドバイスをくれるエージェントも多くいます。こちらでは私がこれまでの5回の転職を通して使った転職エージェントの中から、これまでの経験を踏まえておすすめのサービスを厳選してご紹介してます。

外資ITへの転職は LinkedIn と転職エージェントの併用がおすすめですが、JACリクルートメントは、LinkedInにも非公開求人を掲載しているので LinkedIn との併用という観点でもおすすめです。

おすすめのポイント!
1. 外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。
2. ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1
3. 中長期的な関係を前提に、キャリアの相談だけでも受けてくれる
4. ハイクラスに特化しているので、ハイクラスのキャリアに詳しい
5. 「両面型」の支援体制なので、企業の生の声に近い情報が知れる

申し込みのステップ:
公式サイトにて、まずはメールアドレスを入力、その後メールで届く登録画面に必要事項を入力。

必須の入力項目が27つありますが、ほとんどが選択項目なのでそれほど時間はかかりません。最も悩みやすい「職務経歴書」の添付や、テキストでの「詳しい経験の入力」は必須ではありません。ただし、可能な範囲で入力しておくとキャリア相談がより有意義なものになります。

vmware企業情報

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。(最初が安すぎたんですが笑)外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは企業の運営する転職系メディアでは紹介できないような裏話を含め、キャリア・年収アップを目指して外資ITへの転職を検討する上で気になるさまざまな情報を発信しています。

今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次