転職エージェント選びに悩んでますか? 外資系IT企業への転職に強い転職エージェント12社を目的別で紹介!

辞めたい!何がやばい?ヤマトシステム開発からの転職先は?年収は上がる?ヤマトシステム開発卒業生を調査!【SIer転職先特集】

当サイトのリンクには広告が含まれています。
ヤマトシステム開発やばい_辞めたい
  • URLをコピーしました!

本サイトの記事は、年収500万円以上の方(ハイキャリアまたはその予備軍)を対象とした内容となっております。一部の方には参考にならない場合もございますので、ご了承ください。

外資系IT企業では多くのJTC/日系企業卒業生が活躍しています。特に多いのがSIer出身者です。

SIerはその事業の特性上、外資ITの製品を含む幅広い製品を取り扱っているので、外資系IT企業は「即戦力」として好んでSIer出身者を採用しています。

SIer卒業生特集、今回は ヤマトシステム開発 卒業生の転職先を見てみましょう。

まずは、卒業生がヤマトシステム開発のどんなところに不満を持って退職を決めたのか、複数の口コミサイトの調査を踏まえて紹介し、その後、外資ITのほとんどの社員が使っているビジネスSNSのLinkedIn上で調査してヤマトシステム開発出身者がどのような外資系IT企業で活躍しているのかを紹介します。

ヤマトシステム開発 の年収コラム

日系SIer卒業生の退職理由として多く聞かれるのが「給料への不満」です。

冒頭のこのコラムでは、ヤマトシステム開発の平均給料と日本にオフィスを構える外資系IT企業の職種別平均年収やヤマトシステム開発卒業生の転職先外資ITの年収情報をまとめて紹介します。


転職サイト Indeed によると、ヤマトシステム開発の年収は役職によって幅があるようですが、400万円〜789万円ほどのようです。

 ヤマトシステム開発株式会社の平均年収は、約400万円 (法人営業) 〜789万円 (事業戦略) です。

Indeed

また、口コミサイト「ライトハウス」によると、ヤマトシステム開発の年収範囲は、250万円〜850万円のようです。

外資系専門の転職エージェントの年収調査データによると、外資系IT企業の職種別基本給のレンジは以下の通りです。

役職給与相場
Sale Account Manager
営業
1000万~2500万円
Customer Success Manager
カスタマーサクセス
1000万~1500万円
Pre-sales Engineer
プリセールス
1000万〜1700万円
Solution Architect
ソリューションアーキテクト
1200万〜2000万円
* ロバートウォールターズの給与調査(サラリーサーベイ)にて、検索結果をもとに外資転職ドットコムが作成

前述の調査データは「諸手当・ボーナスを除く基本給」の相場ですので、外資系IT企業ではインセンティブや株などが上記の基本給に上乗せされます。実際に、ヤマトシステム開発からの転職先外資ITの営業系職種のインセンティブなど全てを含んだ年収レンジは以下の通りです。( Glassdoorlevel.fyi 参照)

ヤマトシステム開発からの転職先社名年収レンジ
セールスフォース(Salesforce) [詳細記事]1,670万円〜2,879万円
マイクロソフト(Microsoft) [詳細記事]1,800万円〜3,160万円
アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services) [詳細記事]1,720万円〜2,980万円
オラクル(Oracle) [詳細記事]1,370万円〜2,370万円
SAP [詳細記事]1,410万円〜2,470万円
為替レートは100円/$で計算

外資系IT企業は日本での知名度に関わらず年収が高いことをお分かりいただけるかと思います。

〜生涯年収〜
日系SIerから外資ITに転職したばかりの仲間の間で話題に上がるのが「生涯年収」です。
外資ITでは日系SIerでやっていた業務とほぼ同じような内容で年収が大幅に上がるので「もっと早く転職しておけば、生涯年収はもっと上がったのに」ということです。

ちなみに、ほとんどの場合、英語を喋れる人はいません。ほぼ全員が転職後に会社から支給される「英語学習補助」を使って頑張って勉強してます。

今すぐ転職を考えてない人にオススメ!

3年後、後悔しないために。

スキルが磨けて、年収も上がる。その可能性、考えてみませんか?

企業の公開している「求人情報」にはさまざまな「求める人材」の情報が書かれています。自分の経験と求められる経験を照らし合わせることで自分の進むべき方向がわかるようになります。

幅広いキャリアの可能性を探るために非公開求人を取り扱っている転職エージェントに会うことは重要ですが、「キャリアカウンセリング/相談」を前提としてるサービスを選ぶことがさらに重要です。(無理やり転職を進める転職エージェントも多いため)

管理人

私自身の過去5回の転職経験を踏まえて、キャリア相談におすすめな転職エージェントは以下の3つです!

1位: JACリクルートメント

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社)

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!

3位: エンワールドジャパン

【公式サイト】https://www.enworld.com/

エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%

管理人プロフィール

外資転職ドットコム:管理人

  • 5回の転職で6社を経験
  • 日系ブラックIT企業で社会人3年目で月収25万円(交通費込み)から、転職を重ねて今は外資系IT企業で年収2700万円超え(令和4年実績)
  • 給料関連の公的書類をこちらで公開中
プロフィール

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。(最初が安すぎたんですが笑)外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは企業の運営する転職系メディアでは紹介できないような裏話を含め、キャリア・年収アップを目指して外資ITへの転職を検討する上で気になるさまざまな情報を発信しています。

今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

”外資IT転職ドットコム”について

外資転職ドットコムは、日本国内のIT業界で働く全ての営業関連職の方に向けて、転職やキャリアの参考情報として外資系IT企業の実態をご紹介するブログです。本ブログは、管理人と複数の監修メンバーがそれぞれの体験と転職をすることで広げてきた各々の外資ITネットワークを通して収集した、企業の運営する転職系メディアでは紹介できない外資系IT企業の具体的な実態をご紹介しています。

監修メンバーは、それぞれが10年以上外資IT経験者のため、各々が大規模・中堅規模・小規模の企業を経験しており、外資転職ドットコムの内容は下記の外資系IT企業の中で複数の大・中・小規模の企業の内容を含みます。ぜひ、参考にしてみてください。(※全ての企業を含んでいる訳ではありません。)

IBM, Oracle, SAP, AWS, DELL, HP, Cisco, VMware, Lenovo, Microsoft, Salesforce, Google Cloud, Adobe, Opentext, Workday, SAS, Databricks, Snowflake, ZVC(Zoom), Splunk, Cloudflare, CrowdStrike, Okta, Akamai, servicenow, twilio

※外資転職ドットコムは、以下のサイトの情報や管理人の体験談をもとにしています。
人材サービス総合サイト消費者庁確かめよう労働条件厚生労働省総務省ハローワーク職業情報提供サイトGoogle Scholarキャリア形成サポートセンターJOB PICKS特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協会levels.fyiGlassdoor

目次

やめたい!ヤマトシステム開発の退職理由まとめ

先輩の転職先を深掘りする前に、退職理由もきになるところだと思います。

ここでは、転職会議ライトハウスOpen Workキャリコネに投稿されていたヤマトシステム開発についての口コミから「会社に対する不満」や「退職理由」を中心に数百の口コミをいくつかの項目にまとめました。

先輩たちが何に不安を感じ、不満に思ってヤマトシステム開発を辞めたのか、あなたの感じていることと照らし合わせてみてください。

*ここでの内容は、多くの過去の投稿も参考にしているので、現在は解消されている可能性もありますのでご留意ください*

給与水準と給料体系の不満

口コミによると、「給与水準/体系の不満」が顕著に社員の退職理由として挙げられていることが確認できます。

多くの社員が、自身の労働に対して十分な報酬が得られていないと感じており、これが退職を決意する大きな要因となっているようです。

特に、業務の負荷や責任の大きさに見合わない給与水準に不満を持つ声が多数寄せられています。

社員からは、「期待していたほどの給与が得られない」「役職が上がっても給与がそれに見合わない」といった意見が多く、これがモチベーションの低下に直結していることが伺えます。

加えて、給与の上昇幅が小さく、長期間にわたって働いても大幅な給与アップが期待できないことも、社員の不満に拍車をかけています。

同業他社との給与水準を比較した際に、自社の給与が低いと感じる社員も少なくなく、これが他社への転職を検討する動機となっている様子が見受けられます。

報酬体系の透明性の欠如も大きな問題点として挙げられており、昇給やボーナスの基準が明確でないことが社員の不信感を増大させています。

給与や昇進の決定プロセスにおいて、客観的かつ公平な評価が行われていないと感じる社員が多いことから、社内の信頼関係や公平性への疑問が、給与不満に拍車をかけていることが伺えます。

このように、「給与水準と報酬体系の不満」は社員が退職を決意する重要な要因であり、多くの社員が報酬に見合った働きができていないと感じ、市場価値を正当に評価される他社への転職を検討している現状が口コミから読み取れます。

多くの外資ITでは”英語が必須ではない”って知ってましたか?

「外資系企業だから外資ITでは高い英語力が求められるのでは・・・」そんな風に思っていませんか?

実は多くの外資ITでは、高い英語力は必須とされていません。

サンプルとして、すでに多くの方が登録されている JACリクルートメント の掲載している(または、過去に掲載していた)求人をご紹介させていただきます。

求められる英語力は「抵抗がなければ」や「読み書きできれば尚可

多くの外資ITの掲載求人では「語学力」の項目がありますが、その多くが「初級以上」または「不問」です。外資系IT企業は基本的に日本国内のお客様の対応が主な業務ですので、対本社などんの英語を使う業務はマネジメント層が中心で、マネジメント層の求人以外は英語力は求められません。

英語力不問で年収1000万円以上は外資ITでは常識です。

もちろん、あそこも・・・

この記事の読者の方であれば、 JACリクルートメント がIT企業に強いことはよくご存知かと思いますが、外資IT以外でも、年収1000万円を超える国内SaaS系企業の求人や日系IT企業の優良非公開求人などを取り扱っているので、まだの方はぜひこの機会に登録、求人チェックをしてみてください。

キャリア成長とキャリアパス

口コミによると、キャリア成長とキャリアパスに関して社員からの不満の声が多数寄せられていることがわかります。

特に、昇進や昇給の機会が限られているとの指摘が目立ち、社員が自己実現を果たせずに職場を去る一因となっているようです。

社員によると、同一部署に長期間留まることがキャリアアップの条件となっており、新たな挑戦や変化を求める社員のモチベーションを削ぐ結果となっています。

さらに、給与水準の問題も深刻で、特にIT系の企業であっても親会社の給与体系に引っ張られ、期待していたほどの報酬が得られないという不満が寄せられています。

これは、特に役職が上がっても給与がそれに見合わないと感じる社員にとって、大きな退職理由となっていることが伺えます。

また、意思決定プロセスの遅さや、会議体系に依存した決定構造が、新しいアイデアや改革を推し進めようとする社員の足かせとなっている様子が浮き彫りになっています。

社員が自分の能力やアイデアを活かせる機会が少ないと感じ、外の世界でさらなる成長を求めて退職するケースが増えているようです。

このように、キャリア成長の機会が限定的であり、昇進や昇給の見通しが不透明なことが、多くの社員にとって大きな不満点となっています。

社員が自身のスキルや経験を十分に活かせる機会の提供、透明性のある昇進・報酬体系の構築が求められている状況が口コミから読み取れます。

まずは、キャリア相談してみませんか?

キャリアの「可能性」を調べなかった後悔だけはしないでください。

「ジョブ型」時代のキャリアプランの考え方を相談できる相手はなかなかいません。

私の親は終身雇用世代だったため、私自身もそうでした。

実は転職エージェントの中にはスグの転職を前提としないで、キャリアについて一緒に考えてくれる企業がいくつかあります。

自分のキャリアが気になったら、 JACリクルートメント のようなハイクラスへのキャリアアップを一緒に考えてくれる転職エージェントに自分の市場価値や進めるキャリアについて聞いてみると、キャリアの方向性がつかめるようになりますよ!

キャリア相談におすすめな転職エージェント

1位: JACリクルートメント

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社)

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!

3位: エンワールドジャパン

【公式サイト】https://www.enworld.com/

エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%

ワークライフバランスと労働時間

口コミによると、「ワークライフバランスと労働時間」に関する問題は、多くの社員が直面していることが伺えます。

特に、残業が多いという問題は、社員の生活の質を大きく低下させ、個人の健康や家族との時間にも悪影響を及ぼしているようです。

社員からは、月に80時間以上の残業が数ヶ月にわたって続いているという報告があり、このような過酷な労働条件が退職を決意する大きな理由となっています。

加えて、ワークライフバランスを重視する動きが社会全体で高まっている中、自社ではそのような取り組みが十分に行われていないと感じる社員も多いようです。

有給休暇の取得が難しい、残業が常態化している、といった声も多く聞かれ、これらが社員のストレスや不満に直結していることが伺えます。

また、仕事と私生活のバランスを取ることが難しい状況にある社員は、自身のキャリアや将来に対する見通しも悲観的になりがちであり、これが他の職場への転職を検討する理由となっているようです。

さらに、過度な労働時間は社員の創造性や生産性にも悪影響を与えるとされています。

長時間労働が続くことで、仕事の効率が低下し、結果的にさらなる残業を招くという負のスパイラルに陥っている状況も指摘されています。

このような環境では、社員が自己実現や職業的成長を図ることが難しく、モチベーションの維持も困難となります。

これらの問題は、社員のワークライフバランスの重要性に対する認識の欠如、労働時間の管理体制の不備、職場文化の問題など、複数の要因に起因していると考えられます。

プロジェクトのやりがいと部門間の差異

口コミによると、多くの社員がプロジェクトのやりがいについて肯定的な意見を持っているものの、部門間での経験の差異が大きな問題点として指摘されています。

特に開発部門では、若手社員でも能力が認められれば、大規模で挑戦的なプロジェクトに携わる機会があるとされています。

これは、キャリアアップを目指す社員にとっては大きな魅力となる一方で、運用部門など他の部署では、単調で地味な事務作業が中心となり、やりがいを感じにくい環境であると指摘されています。

このような部門間の差異は、社員のモチベーションや職場満足度に大きな影響を与え、特にやりがいを感じられない部署では、優秀な人材の流出が顕著になっているようです。

また、能力や成果を正当に評価されず、昇進や昇給の機会が限られているとの不満も見受けられ、これが退職理由の一つとして挙げられています。

さらに、プロジェクトに携わる上でのサポート体制や教育機会の不足が問題視されています。

新しい技術や業務知識を習得するための体系的な研修が不足しているため、自己啓発に頼らざるを得ない状況が、特に技術変化の速い分野で働く社員にとって大きなストレスとなっていることが伺えます。

これにより、自身のスキルアップやキャリア成長を望む社員が、他の機会を求めて退職するケースが増えていると指摘されています。

このように、プロジェクトのやりがいと部門間の差異は、社員が職場を離れる重要な要因の一つとなっており、特に部署によって異なる業務内容やキャリアパスが、職場内の不満や退職の動機に直結している様子が口コミから読み取れます。

意思決定プロセスと組織の機動性

口コミによると、「意思決定プロセスと組織の機動性」に対する不満が、多くの社員によって投稿されていることがわかります。

多くの社員が、組織内での意思決定が遅く、非効率的であると指摘しており、これが日々の業務の進行に大きな障害となっているようです。

特に、決定を下すために多数の会議を経なければならないという状況が、組織の迅速な対応を妨げ、市場の変化に対する反応を遅らせていると感じられています。

組織の機動性に関しても、同様に社員からは批判的な声が上がっています。

変化に対応するための柔軟性が欠如しており、新しいアイデアや改善提案が実現するまでに時間がかかり過ぎるとの不満が寄せられています。

このような状況は、特に革新的なプロジェクトに取り組みたいと考えている社員や、効率的な業務遂行を重視する社員のモチベーションを低下させる要因となっているようです。

さらに、組織内でのコミュニケーションの問題も、意思決定プロセスの遅延に拍車をかけているとされています。

情報が適切に共有されず、部署間での連携が不十分であるため、重要な決定に至るまでの時間が不必要に延長されているとの指摘もあります。

このように情報の透明性が不足していることは、社員が自己の業務に対する意欲を失う原因となっており、結果的に組織全体の生産性に悪影響を及ぼしていると感じられています。

職場環境とチーム内の人間関係

口コミによると、多くの社員が「職場環境とチーム内の人間関係」に関して不満を投稿しています。

良好な職場環境とは、社員が相互に尊重し合い、協力して業務を遂行できる環境を指しますが、実際にはその理想と現実の間に大きなギャップが存在しているようです。

具体的には、職場での人間関係の悪化や、コミュニケーション不足が指摘されており、これらがストレスや職場での不満の主要な原因となっています。

特に、チーム内の人間関係に関する問題は、社員の仕事へのモチベーションに直接影響を及ぼしています。

互いに協力し合う文化が根付いていない、あるいは上司と部下の間でコミュニケーションがうまく取れていないという状況が、業務の効率を低下させ、職場全体の雰囲気を悪化させているとの声が多数寄せられています。

このような環境では、社員が自分の意見やアイデアを自由に表現することが難しく、創造性やイノベーションの発展を妨げる要因となっています。

また、職場のハラスメントやパワーハラスメントなどの問題も、深刻な退職理由として挙げられています。

社員が安心して働ける環境の確保ができていないことは、企業のブランドイメージや社員の忠誠心にも悪影響を及ぼすと考えられます。

社員が心身ともに健康であることが、長期的な企業成長の基盤となるため、職場環境の改善と健全な人間関係の構築が急務です。

このように、職場環境とチーム内の人間関係の問題は、社員が退職を考える大きな要因となっています。

社内システムと技術基盤の現状

口コミによると、「社内システムと技術基盤の現状」に関する不満が、社員の退職理由に大きく影響していることが伺えます。

多くの社員が現行の社内システムの古さや不十分さを指摘しており、これが業務の効率性や生産性に直接的な悪影響を及ぼしていると感じています。

特に、業務をスムーズに進めるために必要な最新の技術へのアクセスが制限されていることや、社内の情報共有システムが不十分であることが、日々の業務遂行における障害となっています。

加えて、社内システムの更新や改善に対する投資が不足していると感じる社員も多く、これが社員のモチベーション低下に繋がっているようです。

最新の技術を活用することによってのみ可能となるイノベーションや効率的な業務遂行の機会を逸しているという認識は、特に技術進歩が速い分野で働く社員にとって大きなフラストレーションとなっています。

このような状況は、社員が自社の技術基盤に対して持つ信頼を損ね、結果として競合他社への転職を検討する一因となっています。

社員は、自らのスキルを最大限に活かし、キャリア成長を図るためには、最新の技術やシステムを用いて業務に取り組むことが不可欠であると考えています。

そのため、現状の技術基盤がこのようなニーズに応えられていないと感じると、より良い環境を求めて退職する傾向にあります。

さらに、技術的な問題は顧客サービスの質にも影響を及ぼすため、社員は自社のサービスや製品の競争力に対しても懸念を抱くようになります。

この点において、社内システムと技術基盤の強化は、社員の満足度を高めるだけでなく、企業全体の競争力を向上させるためにも極めて重要です。

企業文化と変化への対応

口コミによると、「企業文化と変化への対応」に関する社員の不満が退職理由に大きく影響していることがわかります。

多くの社員は、企業文化が変化に対して柔軟性がなく、革新的なアイデアや新しい働き方を取り入れることに消極的であると感じています。

この種の企業文化は、特に若手社員や、業界の最前線で働くことを望む社員にとって、大きなフラストレーションの源となっています。

社員からは、古い慣習や階層的な意思決定プロセスが、組織の革新や効率的な業務遂行を妨げているとの声が多く挙がっています。

また、失敗を許容しない文化や、リスクを避ける姿勢が、新しいアイデアの試行や創造性の発揮を抑制していると感じられているようです。

これらの問題は、社員が自身の能力を最大限に発揮することを妨げ、最終的にはキャリアの成長や職業的満足感を見出すことが難しくなっています。

変化への対応についても、社員は企業が市場の動向や技術の進歩に迅速に適応する能力が不足していると感じています。

このような環境では、競争力の維持や業界内でのリーダーシップの確立が困難になり、社員は自社の将来性に対して懐疑的になる傾向にあります。

福利厚生と社員サポート

口コミによると、多くの社員は、福利厚生や社員サポートの体制が、自身のニーズや現代の労働市場の標準に対して不十分であると感じています。

具体的には、健康保険や退職金制度、育児・介護休暇など、基本的な福利厚生の範囲や質に対する不満が挙げられています。

さらに、ワークライフバランスを支援するための制度、例えば柔軟な勤務時間やテレワークの機会の欠如も、社員の不満の原因となっています。

現代の労働者は、仕事と私生活の調和を重視しており、このような制度の不足は職場の魅力を大きく損なうことになります。

また、社員のスキルアップやキャリア成長を支援するための研修プログラムや学習機会に関するサポートが不足しているという意見もあります。

専門知識を身につけたい、キャリアを次のレベルに進めたいと考える社員にとって、継続的な学習と成長の機会は非常に重要です。

企業がこれらのニーズに応えることができない場合、社員は他により良いサポート体制を提供する企業を求めて移動する可能性があります。

メンタルヘルスのサポートに関する不満も、特に現代の労働環境において重要な問題となっています。

ストレスが多い職場環境や、プライベートとのバランスを取ることの難しさを考慮すると、心理的なサポートやカウンセリングサービスの提供は社員のウェルビーイングを支援する上で不可欠です。

研修と学習の機会

口コミによると、組織内での成長と発展のチャンスが不足していることが嘆かれています。

多くの社員が、自身のスキルやキャリアを発展させるための支援が企業から十分に提供されていないと感じています。

具体的には、専門的な研修プログラムへのアクセスの限られた機会や、職業成長を促すためのリソースが不十分であるという声が多く聞かれます。

社員は、継続的な学習と成長が自己実現および職業的満足感に直結していると認識していますが、現行の研修体系ではそのようなニーズを満たすことができていないと指摘しています。

例えば、業界の最新トレンドに関する研修や、新しい技術スキルを学べる機会が不足していることが、社員のモチベーション低下に繋がっています。

また、個々のキャリア目標に合わせたパーソナライズされた学習プランの欠如も大きな問題点として挙げられています。

社員一人ひとりのキャリアアスピレーションや能力開発のニーズに対応した研修プログラムが提供されることが少なく、これが結果として社員が他の機会を求める一因となっています。

さらに、社内での学習機会の提供だけでなく、外部の研修やセミナーへの参加を奨励し、そのための時間や予算のサポートが不足していることも問題視されています。

管理人

私の経験を踏まえて、あなたにピッタリの転職エージェントを診断します!簡単な設問だけなので、ぜひ試して見てくださいね!

Q1
あなたの年齢は?

ヤマトシステム開発からの転職先、外資ITはこんなところ!

ビジネス系SNSのLinkedinでは、ユーザーの勤めてきた会社を見ることができます。

ここでは、Linkedinに「過去の勤務先」としてヤマトシステム開発を登録している方の公開されている経歴を参考に「ヤマトシステム開発からの転職先」を紹介します。

Linkedinについて、ご存知でない方、使い方について知りたい方はこちらもご覧ください。

ヤマトシステム開発から外資ITへの転職先

Linkedinを見ると、ヤマトシステム開発出身の方は大手の外資系IT企業で活躍されていることが見て取れます。

一部の方の実際の経歴キャプチャを掲載させていただきますのでご覧ください。







”SIer 出身”というのは、外資ITに最も受かりやすい「資格」です

今の給料が安すぎると感じた事はありませんか?

慢性的な人材不足に苦しんでいるIT業界では特に「経験者」は高く評価され、SIer出身者は外資系IT企業を含む多くの企業で求められています。

ただし、採用する企業側としては「できる限り低い年収で採用したい」という思いがあるので、SIer出身者が「自分を高く売る」ためには企業側と交渉をしてくれるパートナーがいると心強いです。

最もおすすめなのが、SIer 出身者の成功事例が豊富で、幅広い求人を取り扱っている JACリクルートメント です。

JACリクルートメント は「スグの転職を前提としない」キャリアを一緒に考えてくれる数少ない転職エージェントの一つで、SIerにお勤めの方や出身者の方は会ってみるとキャリアの新しい発見があると思います。

SIer 出身者の成功事例

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

ヤマトシステム開発からの転職先の中で、外資転職ドットコムの「外資IT研究特集」で紹介した企業もありますので、よろしければそちらも合わせてご覧ください。

外資ITの営業とエンジニアのお仕事

ヤマトシステム開発からの転職先として外資ITに興味を持たれた方に向けて、外資ITの営業職とエンジニア系職種について、簡単に紹介させていただきます。

外資ITと日系ITの営業職の違い

日系IT企業では、営業は主に事務処理を担い、お客様常駐SEが案件をコントロールするケースが多いですが、外資IT企業では営業がビジネスをドライブし、長期的な関係構築までが営業の役割です。

また、外資IT企業ではOTE(100%達成時想定される年収)の30~40%がインセンティブで占められ、残りの 60-70% が固定給となります。一方、日系IT企業ではインセンティブ制度があまり一般的ではありません。

また、外資IT企業では営業活動のメソッドが体系化されており、再現性の高い営業活動が求められます。

これに対して、日系企業では営業メソッドは現場のハウツー中心で、定量的な目標(KPI)があっても、行動量の目標設定が多いです。

外資ITのエンジニア職の特徴

外資系IT企業の日本オフィスは、ほとんどの場合、「日本の営業支店」という位置付けで、ほとんどの職種が「営業活動」を支援するための職種となっています。

エンジニアも同様で、営業活動をプロセス毎に分業していて、販売の前後で「プリセールス」、「ポストセールス」と違う呼び方をします。そして、それぞれの活動を支援するエンジニア職種が存在し、ほとんどのエンジニア向け求人が営業を支援するエンジニアの職種となっています。

プリセールスには、プリセールスエンジニア、ソリューションアーキテクト、ソリューションスペシャリストの3つの職種があり、それぞれが顧客との関係を重視しながら、技術的な知識や専門知識を活かして最適なソリューションを営業とともに提案する役割を担っています。

  • プリセールスエンジニアは、技術的な専門知識と営業スキルを活かして、顧客に対して製品やサービスの価値を説明し、最適なソリューションを提案する役割を担っています。
  • ソリューションアーキテクトは、ビジネスの要件と技術の両方を統合して、顧客に最適なソリューションを提供する役割を担っています。

ポストセールスには、テクニカルサポートエンジニア、テクニカルアカウントマネージャー、カスタマーサクセスマネージャー、プロフェッショナルサービスの4つの職種があり、それぞれが顧客の成功を支援し、企業のビジネス成果を追求する役割を果たしています。

このように、外資系IT企業のエンジニア職は、技術的な知識だけでなく、営業活動を支援する役割も重要で、プリセールスとポストセールスの両方で活躍する機会があります。

ヤマトシステム開発を辞めて、外資ITに挑戦したいけど不安・・・

日系企業から外資系へ転職することの心のハードルの高さは私も経験者なので理解しています。

真っ先によぎるのが「クビ」の話や「英語」の話、そしてやっぱり気になるのが「年収」の話。

外資転職ドットコムでは、私自身とアドバイザーの過去の経験を踏まえて「外資転職にチャレンジする前に知っていれば安心できたのに」という内容をまとめた記事がありますので、よろしければご覧ください。

具体的に、クビ、英語、年収について知りたい方はこちらもおすすめです。

年収交渉で損をしないためにも、ヤマトシステム開発などの優良SIerからの外資IT転職は転職エージェントを使うことが必須!

外資系への転職で最も重要なプロセスの一つが「年収の交渉」です。

外資系で何度も転職を経験すると、年収交渉も自分でできるようになりますが、初めての転職ではなかなか難しいものです。

交渉を切り出すタイミングや話の持っていき方など、様々なノウハウがそこにはあるからです。

外資転職ドットコムでも年収交渉について紹介している記事はありますが、相当自信がない限りは、転職エージェントに任せるのがいいです。

特に、外資系企業と比較すると日系企業の年収はかなり低いので、交渉をしないと転職して入社した後に自分だけ周りと比較してかなり年収が低い、なんてことになりかねません。

外資系IT企業からするとSIer卒業生は喉から手が出るほど欲しい人材ですが、まずは低めの年収が提示されます。

そこから交渉ができずに入社してから後悔している人を私は何人も見てきたので、初めての外資転職は転職エージェントを使って戦略的に進めることを強くお勧めします。

今すぐ転職を考えてない人にオススメ!

3年後、後悔しないために。

スキルが磨けて、年収も上がる。その可能性、考えてみませんか?

企業の公開している「求人情報」にはさまざまな「求める人材」の情報が書かれています。自分の経験と求められる経験を照らし合わせることで自分の進むべき方向がわかるようになります。

幅広いキャリアの可能性を探るために非公開求人を取り扱っている転職エージェントに会うことは重要ですが、「キャリアカウンセリング/相談」を前提としてるサービスを選ぶことがさらに重要です。(無理やり転職を進める転職エージェントも多いため)

管理人

私自身の過去5回の転職経験を踏まえて、キャリア相談におすすめな転職エージェントは以下の3つです!

1位: JACリクルートメント

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/

すでに多くの方が登録済みかと思いますが、やはり1位はJACでしょう。外資系に強い転職エージェントとしては最大規模の約1万件以上の求人を常時取り扱い。 ハイクラス・ミドルクラス転職の満足度5年連続 No.1

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

ハイキャリアがJACリクルートメントに登録している2つのポイントを見る

IT業界出身者の転職に強い

JACリクルートメントは、外資系だけでなく、国内のIT企業からの求人を多く取り扱ってきている歴史があります。IT業界でのキャリアを考える方にとっては情報の宝庫なので、ハイキャリアの方は好んでJACで情報収集、キャリア相談をしています。

公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)
公式サイトより(クリックして拡大)

転職希望時期「未定」でも受けれるキャリア相談、業界の情報収集におすすめ!

「転職エージェント」とは転職を支援することを目的としている業態ですが、JACでは「長期的なキャリア支援」を前提に転職時期未定でも、業界同行や給与動向などの貴重な情報を教えてくれます。

ハイキャリアの方は時間をかけて継続的な情報収集をした上で、キャリアプランを考えるためにJACに登録しています。

登録画面より(クリックして拡大)
登録画面より(クリックして拡大)

JACの登録画面は、スマホからの登録がしやすいようにステップを細かくデザインされています。

忙しい方でも気軽にキャリア相談、情報収集ができるようにZoomでも面談も可能です。

この機会に、キャリアのための情報収集だけでも初めてみませんか?

\ スマホからでも1分で簡単登録!/

2位:LHH転職エージェント(アデコ株式会社)

【公式サイト】https://jp.lhh.com/

外資系転職エージェントとしては珍しく第二新卒のハイクラス転職を支援している若手には特におすすめ!

3位: エンワールドジャパン

【公式サイト】https://www.enworld.com/

エン・ジャパンが運営するハイクラス・外資転職向け転職エージェント。取引先企業は5,800社以上サービス満足度97%

ヤマトシステム開発やばい_辞めたい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

5回の転職で6社(日系ブラック企業2社、外資IT4社)を経験して、10年で年収を約10倍にすることができました。(最初が安すぎたんですが笑)外資ITは数十名規模のスタートアップから数万名規模の超大手まで幅広く経験しています。

このブログでは企業の運営する転職系メディアでは紹介できないような裏話を含め、キャリア・年収アップを目指して外資ITへの転職を検討する上で気になるさまざまな情報を発信しています。

今後のキャリアプランの参考にしていただけたら嬉しいです。

目次